学校教育活動

 

2019年度の教育活動

4月5日から新年度が始まりました。今年度の児童数は119名で、20名の教職員が教育活動に関わっていくことになりました。本校の教育課程に基づき、「学力・心力・体力のバランスのとれた子どもの育成」を目指し、尽力してまいります。

まずは、家庭学習のやり方などをまとめた「学習の手引き」を紹介します。

学習の手引き

続いて、「厚岸小学校の当たり前」として取り組んでいる学習規律について紹介します。

学習規律~低学年~

学習規律~中学年~

学習規律~高学年~

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 2月の活動

令和2年2月18日(火)

数字が語る読書教育の充実

本日、2名の2年生が考聴室にやってきました。手に持っていたのは、図書館の貸し出しカードです。中身を見せてもらうと、二人とも96冊の本を読んでいました。一人の男の子は、工作の本が好きで、夢中になって読んでいたそうです。そして、もう一人の男の子は1学期4冊、2学期60冊、3学期はまだ途中ですが、もうすでに32冊も読んでいます。学校図書館司書を配置していただいてから、子ども達の読書量が一気に増えてきています。読書を通して、生活リズムをつくり、想像力や発想力を養ってほしいです。

  

 

  

児童委員会の活動を振り返る

今朝の全校朝会で5つの児童委員会の代表が活動を振り返り、次年度の活動に向けて考えを発表しました。代表の児童は、説明原稿を作っていましたが、「原稿を読む」ことはせず、「原稿で確認」しながら考えを伝えていました。本校では、気持ちや考えを伝える時、「原稿を読む」のではなく、「原稿で確認する」ことを奨励しています。相手の顔を見て、反応をうかがいながら対話できる力を育てたいから、多くの発表場面で取り入れています。本日の6年生8名は、「読む」ではなく、「伝える」という意識をしっかりもった発表が出来ていました。また、児童会事務局の5名については、全校児童の前で話すという経験が、他の児童より豊富であることから「話しているように」考えを伝えていました。とても立派でした。最後によりよい話し手が育つためには、よりよい聞き手が必要です。本校児童は、全校朝会の場であっても真剣に最後まで話が聞ける児童に育っています。

       

令和2年2月17日(月)

廃材を利用したメモ帳づくり

4年生が総合的な学習の時間で取り組んでいるエコ活動の一環として廃材活用があります。本日は、廃材を利用したメモ帳を配りに、3名の児童が職員室に来ましたので写真を撮りました。小さな工夫ですが、出来ることから持続可能な活動を展開していきます。4年生の皆さん、ありがとう。

  

令和2年2月14日(金)

学校のためにできることを表明する!

本日、5時間目に児童会役員立候補者による所信表明演説がありました。5名の立候補者と推薦者がステージの上で堂々と考えを述べました。推薦者は、立候補者の人柄や普段の様子を丁寧に話しました。内容から立候補者の人となりが伝わってきました。立候補者は、児童会役員として承認された後、「あいさつ運動をしたい」「インターネットゲームのきまりをつくりたい」「生活習慣を見直したい」「学級や普段の生活からきちんとしていきたい」など、考えを発表しました。

立候補者及び推薦者ともに立派でしたが、最後まで真剣に話を聞いていた全校児童も素晴らしかったです。しっかり話を聞いてくれるから、話せる。大切なことを学んだ時間となりました。

           

令和2年2月13日(木)

今年度、最後の避難訓練

本校では、年間6回の避難訓練を行っています。本日、6回目最後の訓練を行いました。冬期間中の避難の在り方を考えることが目的で実施していますが、今年は雪が少なく、また、今日は4月中旬の暖かさで、冬期間の訓練としての検証が難しい状況でした。しかし、9月の訓練と比べて1分30秒も短くなりました。道路状況の悪化や防寒着を着る時間などを考慮しても素晴らしい変化です。

   

訓練後の校長講話で3つの話をしました。

①夏より走りにくい冬であっても1分30秒も行動が早くなったこと

②時間が短くなった理由は、一人一人の体力の向上と最後までやり抜く意識の向上であること

③課題もあった。帽子と手袋の装着が100%ではなかったこと

「自分の命は、自分で守る」さらなる意識の向上を目指しましょう。

   

なお、本日の訓練はNHK釧路放送局の取材を受けました。予定では、18時10分から放送される「ほっとニュース北海道」の中で放映されます。

令和2年2月12日(水)

環境保全の意識を高めよう!~エコ作品・パネル展~

本日で終了するエコ作品・パネル展を先日、生活改善センターで観てきました。町内の小・中学校と厚岸翔洋高等学校の児童生徒が取り組んだ作品やパネルが展示されてありました。厚岸町では、酪農業や水産業が町の基幹産業となっております。今、環境保全は、世界レベルの課題ですが、本町においても環境破壊が問題視されています。未来に生きる子ども達の中で一人でも多くの子が環境を守る意識を高めてくれたら幸いです。

令和2年2月10日(月)

めざせ!エコ学校!

本日、学校版EMS(環境マネジメントシステム)の取材を受けました。対応したのは、児童会事務局の5名です。児童会会長は、「4年生のエコ活動を中心に、厚岸小学校は“エコ学校”を目指している」と説明しました。とりわけ、今、第4学年で取り組んでいる活動は、廃品を利用したグッズの開発とワクチンと交換するペットボトルキャップの回収です。グッズの開発では、掃除用具、メモ帳、消臭剤に取り組みました。今後は、牛乳パックを利用した紙づくりにも挑戦します。

4年生が作ったグッズは、かわいくて色もきれいです。古い校舎ですが、校内が明るくなりました。最後に、取材に来られた担当者を事務局員が校内を案内しました。

  

 

  

令和2年2月9日(日)

盛り上がりました!PTAミニバレー大会

お休みの日ではありましたが、22名の会員と20名の子ども達が集まり、大会は盛り上がりました。大会が始まる前の体育館は冷え切っていましたが、準備運動、チーム練習と進めていくうちに、参加者の熱気で体育館内の熱量が上がってきました。2つのコートに分かれて、リーグ戦を行いました。また、順位決定戦の前には、レセプションとしてちびっこドッヂボールを行いました。向かってくるボールから懸命に逃げました。

 

最後は、順位決定戦です。接戦の末、第1位は最強チーム、第2位はチーム3C、第3位はチーム若手となりました筋肉痛で体は痛くなりましたが、大きな怪我もなく、無事に終了することができて、よかったです。文化厚生部のみなさん、準備ありがとうございました。

           

令和2年2月7日(金)

1年生の探検隊

生活科の学習でも学校探検は行っていますが、子どもの興味・関心は尽きません。子ども同士の会話の中で気になることがあれば、「調べたい」「確かめたい」と知的好奇心が高まってきます。「校長室の金庫は、何をしまっているんですか?」「あの長い箱には、何が入っているんですか?」と次々に質問が出てきます。子ども達のワクワクは止まりません。校長室では、小さな探検隊をお待ちしています。

 

令和2年2月6日(木)

新入生一日入学で感じたこと

本日、厚岸中学校を会場に一日入学がありました。中学校の先生方、準備などありがとうございました。また、学校の説明をしていただいた先生、社会科の授業をしていただいた先生もありがとうございました。子ども達は、「中学校らしい」空気を感じる時間を過ごすことができました。子ども達もワクワクし、いつも以上に興奮していました。

 

さて、子ども達が体験した社会科の授業では、社会問題について思考ツールのウェビングを使って意見をまとめました。今日の授業を通して、子ども達は次の3つを感じ取り、安堵しました。4月の入学が待ち遠しいです。

1 間違いが許されること

自信がなくても発想する、書くことを大切にした授業でした。授業をされた先生は、間違うことより駄目なことは「書かないこと」と、はっきり言ってくれました。

2 さりげなく支援してもらえること

鉛筆が止まっている児童を見付け、タイミングを見て支援していただきました。子どもの顔が明るくなりました。

3 話合い活動を重視されていること

まずは、一人で考える。そして、隣の子やグループへ輪を広げていく。思考をまとめる段階でも思考をつなぐ工夫がありました。子ども達は、常に友達と考えを比べ、つなげていくことができました。

           

卒業まであと、28日です。入学に向けてしっかり準備していきましょう。

 

1年生の探究心に火が付いた!

昨日、8名の1年生が考聴室に来て、「校長先生、学校で使っている電気の量ってどれくらいですか?」と質問しました。今、校内ではリサイクルの消臭剤を設置したり、暖房費を抑えるためのドア閉めを心掛けたりしています。その活動がきっかけで探究心に火がついたのでしょう。しかし、校長先生は、電気使用量について詳しくないので、事務職員さんに説明していただきました。子ども達は、納得して考聴室を後にしました。「探究心に火を付ける」きっかけは、どんなことでもいいので、その火種を授業や教育活動で消さず、大きくしていきます。

  

令和2年2月5日(水)

今年度の研修のまとめ

児童を5時間で下校させ、先生方は研修の時間を使って1年間の授業改善について検証しました。日常の授業を通して、本校で目指している子ども像に迫ることができたか、2つのグループに分かれて協議しました。先生は、具体的な授業の場面や子どもの言動を通して、目的意識をもつこと、学びを深めること、自分の考え等を表現することについて思考を深めていました。

   

温かい明りに誘われて

昨日の退勤時に、お向かいの子夢希児童館の駐車場に目をやると、明るくなっていることに気付きました。その明りの正体は、すぐにわかりました。アイスキャンドルです。小学校の生活科の学習でも季節を題材にした学習はありますが、放課後や休日にお世話になっている児童館でも季節を感じる取組がなされていて嬉しくなりました。本当に心が温まる素敵な明りでした。児童館の職員の皆様、ありがとうございました。

 

   

令和2年2月4日(火)

スケート学習も、いよいよラスト!

今シーズンは、暖冬に悩まされ、教育委員会の職員の方々もリンク造成には苦労されたと思います。改めて、ありがとうございました。本校も宮園公園リンクを使わせていただいており、そのリンクの維持管理には、頭が下がります。本日も4学年が元気いっぱいにリンクでスケート学習に取り組みました。HPでは、低学年の様子を紹介します。

   

全校朝会における生活を見直す働きかけ

本日の全校朝会では、2つの生活の見直しをしました。1つは、スマイル委員会から提案のあった「安全な遊び方を工夫しよう」です。連日の降雪でグラウンドにもある程度の雪が積もり、雪遊びが本格的に始まりました。雪合戦や雪山滑りなど楽しい遊びですが、どれも危険が伴います。特に、雪山滑りは車道に面しているところで遊んでいる人がいました。これは、交通事故につながる危険な遊びです。遊んでいる子どもを見かけたら注意してください。学校でも指導を徹底します。もう1つは、玄関のドアをしめるお願いを校長先生から話しました。本校では、挨拶が3学期に入ってから変わりました。自分から大きな声で拝察ができる子どもが増えました。学校を変える力の源は、やはり子どもです。子ども自身が、誰に言われるわけでもなく、自分の生活を見直し、整えていく力を見に付けさせたいと強く願っています。

  

令和2年2月3日(月)

5年生が企画した縦割りなかよし集会

今日の昼休みは、全校児童が5つのグループに分かれて縦割り集会を行いました。低学年も無理なく参加できる内容を工夫し、みんなが楽しめる時間を演出しました。「私はだ~れ?」や網投げた風おにごっこ、尻尾とりなど学年が違っても全員が安全に参加できるゲームでした。5年生の皆さん、ありがとうございました。

  

 

 

今日の学校図書館

子ども達の読書意欲を喚起する仕掛けが、本校の図書館にはたくさんあります。季節を感じさせる行事のディスプレーやさりげない読破の紹介、探偵物の本の紹介など、児童の心をくすぐる工夫がたくさんあります。

  

児童の情報活用能力の育成を目指して

第5学年の国語で、学校図書館と連携しながら情報活用能力の育成を図る授業に取り組んでいます。子ども達は、学校図書館で司書のアドバイスを受けながら図書を探し、見つけた本を持ってコンピューター室でさらに情報を集めています。このように方法を選択しながら、必要な情報を集め、探究していく力は、将来、必ず役に立ちます。

      

さぁ2月です。今月は、登校日が18日しかありません。しかし、2月は感染症が流行る時期でもありますので、各ご家庭におかれましては、お子様一人一人がしっかり睡眠をとり、バランスのよい食事が摂れるようご協力いただければ幸いです。よろしくお願いします。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 1月の活動

令和2年1月31日(金)

今年度、最後の児童委員会がありました。

本日は、1年間を通して活動してきた5つの児童委員会がそれぞれで活動の振り返りを行いました。活動の良かったところを次年度に引き継ぎ、悪かったところを改善できるようなアイディも出し合い、令和2年度からの新体制につないでいきます。また、振り返りだけでなく、今学期の残りの活動についても計画を立てている委員会がありました。最後まで責任をもって取り組むことを期待しています。

        

学校図書館の様子を紹介する掲示板が出来ました!

先日は、厚岸町教育委員会の委員の皆様に学校を訪問していただき、本校の学校図書館を見ていただきました。その際も高い評価をいただきましたが、図書館の変遷を来館される方にご理解いただくため、掲示板をリニューアルしました。「図書室の頃の様子を知っていただいた上で、今の図書館を見ていただきたい」という学校図書館司書の思いが伝わってきます。

 

 

令和2年1月30日(木)

第3回学校運営協議会を開催しました!

今年度3回目の会議を開催しました。内容は、後期の学校評価について小学校、中学校から説明を行い、続けて令和2年度の経営方針を説明しました。委員の皆様に承認していただいたので、今後の学校経営に反映させていきます。また、今年度で第1期の学校運営協議会が終了しました。次年度から第2期の運営協議会がスタートします。

 

厚岸町教育委員会の教育委員訪問がありました!

昨日、教育委員会の皆様にご来校いただき、第5学年の外国語の授業と学校図書館を見ていただきました。委員の皆様からは、ALT(アシスタント・ランゲージ・ティーチャー:英語の学習をサポートする外国人)と学級担任の協力的な指導が素晴らしい、学校図書館が児童にとって効果的に機能しているところが素晴らしいと褒めていただきました。

  

令和2年1月29日(水)

既にあんしんメールでお知らせしておりますが、明日は大雪による臨時休業となっております。それぞれのご家庭でお過ごしください。

授業づくりについて研修を行いました!

北海道教育委員会釧路教育局の指導主事と北海道教育大学附属釧路校の先生にご来校いただき、全学年の授業を参観していただきました。また、第4学年では算数の授業を特別に公開していただき、校内の先生方も参観しました。児童が下校した後、外部からご来校いただいた2人の先生にご助言をいただきました。授業づくりについて考える時間となりました。

令和2年1月28日(火)

体育の時間の資料づくり

第6学年では、体育の授業「跳び箱運動」と「バレーボール」で使う「技ボード」を作成しました。児童の技ポイントを書き込んだ独自の資料なので、運動に対する興味・関心を高める手立てとなります。

  

保冷剤で作る「リサイクル消臭剤」

第4学年では、環境教育の一環としてリサイクル活動に取り組んでいます。今日、考聴室に完成したピンクのかわいい消臭剤が届けられました。校内の各箇所に4年生が作った消臭剤を配置します。身近なことから、自分に出来ることから少しずつ始めていく。本校でも少しずつですが、持続可能な開発目標「SDGs」でも推奨されている自分事化が始まっています。

 

令和2年1月27日(月)体力づくり in winter

児童会のスポーツ委員会では、冬期間の運動不足を解消するために全校遊びを企画しました。しかし、全校児童120人が集まって遊ぶには、衝突などの危険が伴うので高学年と低学年に分けて活動しました。低学年の遊びでは「出会ってじゃんけんポン」という遊びを考えました。委員会のメンバーで危険度が低く、思いっきり走れる内容にしたそうです。子どもの発想って最高ですね。児童の工夫が生きた活動です。

   

令和2年1月24日(金) 今年度 最後のクラブ活動

本校のクラブ活動は、4年生以上の児童が興味や関心のあるクラブに所属し、活動計画を立てて取り組み、活動の中で互いのよさや頑張りを認め合っています。また、次年度、クラブに所属する3年生にクラブの内容を紹介する活動も合わせて行っています。本日は、最後の活動となりました。茶道・ダンス・卓球・球技・バトミントン・理科それぞれのクラブで振り返りを行った後、最後の活動を楽しみました。

 

       

AKKESHI学校図書館情報~第2学年「おはなし美術館」~

第2学年国語の授業で作った「おはなしびじゅつかん」を、担任の先生から見せていただいたところ、素晴らしかったので、図書館に貸し出してもらいました。色んな学年の児童が来館しますが、みんな「すごいね!」といっています。紹介されている本も読んでもらいたいので、子ども達が絵で紹介している本とともに、展示しています。ぜひ、ご来校の際は、図書館に来ていただき、作品を見て絵本を手にとっていただければ幸いです。新入学生保護者説明会が1月30日(木)に行われますが、保護者の皆様、図書館にもご足労願います。お待ちしております。

令和2年1月23日(木)学びと学びをつなぐ教育計画の作成に向けて

令和2年4月からの教育活動をより豊かなものにしていくために、先生方の知恵を出し合い、学校行事を中心に子どものたちの学びがつながっていくような仕組みを考えています。例えば、運動会の時期には、集団で力を合わせるよさや協働について考える道徳や学級活動、体育の授業の内容が連動するように工夫しています。また、学芸会に向けて発表に関係する音楽や図工、国語の学習が意識できるよう時期をまとめています。いよいよ4月から新しい学習指導要領による学校教育が始まります。

  

令和2年1月22日(水)自然の番人宣言ポスターコンクール入賞!

本校の第4学年では、総合的な学習の時間に環境教育を位置付けています。その学習の中で「自然の番人宣言ポスターコンクール」に出展しました。審査の結果、男子児童が最優秀賞に選ばれました。現在、役場町民ホールで展示されていますので、是非、ご足労いただき、子ども達の作品を見ていただければ幸いです。よろしくお願いします。

 

   

令和2年1月21日(火)挨拶の溢れる学校をめざそう!

全校朝会において児童会役員から本校の挨拶について提案がありました。普段の挨拶で気になっていたことが「無視」です。せっかく挨拶をしたのに挨拶が帰ってこなかったことがあったそうです。児童会では、全校児童が気持ちのよい挨拶が出来るよう標語を考えたり、寸劇を通して気持ちを伝えたりするなど、全校児童に考える時間を提供しました。相手の気持ちになって挨拶できる児童が一人でも増えることを期待しています。

また、全校朝会では生活スマイル委員会から1月の生活目標、スポーツ委員会から全校遊びの説明がありました。説明者は、原稿を見ないで、しっかり相手を見て話していました。4月に比べて表現力の高まりを感じています。

       

令和2年1月20日(月) 隅々まで意識する児童を育てる清掃活動

昨日までの景色が嘘のように、昨夜からしんしんと降り続いた雪は、厚岸町の景色を一変しました。児童の下校に間に合うように、授業で指導している教員以外の教職員で除雪を行いました。児童が安全安心に下校できるよう、学校としては出来る限りの対応をしてまいります。

さて、本日は、本校の清掃指導の様子を紹介します。学年ごとに担当区域を決めて、隅々まで丁寧に掃除しています。児童は、清掃を通して助け合い“協働のよさ”を学びます。

 

       

令和2年1月17日(金) 教育環境を工夫する学校でありたい!

長期休業の後は、形態こそ違いますが、どの学校でも作品展を行っています。本校でも本日17日(金)から24日(金)までの1週間、作品を展示していますので、ご来校いただき、子ども達の作品をご観覧いただければ幸いです。早速、作品を見ていると、2学期の授業で学んだことを生かして作品を作っている子どもがいました。2年生の生活科で学習した「動く力を利用したおもちゃ」をヒントに、ペットボトルキャップをゴムの力で飛ばす作品がありました。また、総合的な学習の時間で学習した福祉の視点で2020年7月に開催されるパラリンピックについて調べている5年生もいました。さらに、新聞報道にもありましたが、厚岸地方技能士会の方々にご指導いただいた本棚が作品として展示されています。そして、玄関ホールではありませんが、高学年の教室前スペースには、子ども達が書いた年賀状及び寒中見舞いも展示されています。このように子ども達は作品づくりを通して授業で学んだことを活用したり、地域の専門家の方に指導していただいたりしながら学びを豊かにしていきます。ご協力いただいた保護者の方々、関係者の方がに感謝申し上げます。

       

 

新学期の始まりだから、いつも以上に意識させる指導に心掛けている学年がありました。この学年は、2学期までの学級経営の反省で「少しずつ子ども達の姿勢が崩れたり、学習準備が出来ていなかったりすることが増えてきたので、指導を徹底する」と学級担任は話していました。本日、不在の教室を訪問してみると、早速、指導の成果が表れています。児童の机上には筆記用具が並べられており、ランドセルや学習道具もきちんと整理されていました。学習規律や身の回りの整理整頓は、学級担任の日々の指導によって定着していきます。成果が出るまでには、時間が掛かります。ぜひ、各ご家庭でも自分でできることは、子ども達にやらせていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  

 

続いて、第4学年の取組を紹介します。今日紹介するのは、ノート指導の工夫とエコパネル展に出展する学習成果についてです。ノート指導では、全校で「ノート展覧会」にも取り組んでいますが、学級独自で友達のノートを自由に見ることができるコーナー「ノートタワー」を作っています。互いに学び合う環境があること、それが4年生のいいとこです。エコパネル展については、総合的な学習の時間で環境について調べたことを各グループに分かれてまとめました。子ども達は、調べたことをわかりやすく伝えるために、表やグラフ、図を工夫して表現しています。それぞれの教科で学んだことが総合的に発揮される学習となりました。エコパネル展は、来月、町生活改善センターで開催されますので、後日、お知らせします。

   

最後に、学校図書館のリニューアルについて紹介します。今回も学校図書館司書の余西さんと公務補の濱谷さんのアイディアで、図書館が2学期以上の素敵な空間になりました。まずは、図書館の存在をアピールするために廊下に表示を増やしました。そして、分類表示をわかりやすくするために台本版タイプの分類板を棚の中に差し込みました。余西さんのアイディアは止まりません。図書館を利用する全ての人のために、限られた予算で工夫しています。

そして、この図書館の活動を応援してくれる保護者が、本校にはいます。昨年末にある保護者の方が、「息子が小さい時に読んだ本が自宅で眠っているから寄付するね。」と言ってたくさんの絵本を寄贈してくださいました。この場をお借りして紹介とお礼に代えさせていただきます。ありがとうございました。

  

令和2年1月16日(木)46日間の3学期が始まりました!

3学期の短さには、いつも驚きます。今年度も同様、登校する日数は46日(6年生は44日)で1月は12日、2月は18日、3月は16日(6年生は14日)となっています。この間、吹雪で臨時休業になったり、インフルエンザ等で閉鎖になったりすれば、もっと登校日が少なくなります。3学期こそ学校と家庭が一層連携し、子ども達の健康管理に心を配らなければなりません。

さて、本日は、始業式の様子をお伝えします。始業式では、校長から冬休みの振り返りとあいさつについて話をさせていただきました。冬休みの振り返りでは、インターネットやゲームの決まりを作り、守れたという子どもが増えましたが、「早寝・早起き・朝ごはん」に取り組めなかった子どもがたくさんいました。年末年始を含む長期休業なので家族の事情もわかりますが、生活が乱れてしまっては学力や体力の向上にも影響が出ます。一日も早く生活習慣が戻るよう保護者の皆様にはご協力願います。続いて、挨拶の話では、児童玄関に表示してある「あかるく」「いつでも」「さきに」「つづけて」について話しました。また、実際にどんな気持ちになるか「最高に暗い気持ちで、元気のないあいさつ」をお互いにしてみました。すると予想どおり、子ども達は挨拶をされても気持ちが上がらず、少し嫌な気持になったと言っていました。小さな事かもしれませんが、3学期から「あいさつの溢れる学校」を目指し、取り組んでいきます!

第3学期始業式 校長先生の話 ※左の文字をクリックしていただければ、プレゼンシートを見ることができます。

  

令和2年1月15日(水)いよいよ3学期が始まります!

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。いよいよ明日から46日(6年生は44日)の3学期が始まります。今年は、オリンピック・パラリンピックイヤーです。昨年のラグビーワールドカップ日本大会以上に世界中の国や地域から代表選考で選ばれたアスリートが日本に集まり、今まで取り組んできた成果を発揮し、見ている私達に多くの感動を与えてくれるでしょう。また、我が国の全ての国民が相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向けて歩んでいく中、4月24日に胆振管内白老町においてウポポイ(民族共生象徴空間)がオープンします。今年は、多様性が話題になるイベントが目白押しです。

このような中、元旦の北海道新聞(日刊)の社説「多様性の時代に①」が気なりました。社説は「各国が自己都合を優先した行動を強めている。世界はどこへ向かうのか、先が見えない。」という問いかけで始まっていました。これは国だけの問題ではなく、人間関係を構築していく上でも大切な意識です。「自分に近い人とだけ同調するのではなく、多様性を理解し協調を図る。そのような意識と行動が、国にも個人に求められる。」学校教育においても「多様性」について今まで以上に考えていかなければならい。

さて、本日、学校生活において多様性を理解し合う基盤となる学級経営交流会を行いました。参加者16名が高学年・低学年・特別支援の3つのグループに分かれて、学習に関する成果と課題や児童支援について気付いたことを付箋紙に書いてまとめながら交流しました。今日の協議で得た情報や気付きは、明日以降の授業改善や児童理解に反映させていきます。

     

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////12月の活動

令和元年12月26日(木)厚岸町子ども☆未来ミーティングの開催

町内の小学校3校・中学校3校・高等学校1校からの代表者が厚岸町役場大会議室に集まり、情報端末機器の使い方について各学校の取組を交流したり、「いじめ防止のための一学校一運動」について太田小学校・太田中学校が発表したりするなど、町内の活動について学び合いました。続いて、テーマ「一人一人が笑顔になれる学校にするために」についてグループ協議を行いました。本校から参加した2名の児童会役員も積極的に意見を述べていました。

  

令和元年12月25日(水)86日間の2学期、終業式を迎える

猛暑日が続いた夏から収穫の秋、そして厳しい冬の始まりと、長かった2学期も本日の終業式をもって閉じることになります。

2学期の子ども達は、宿泊研修(5年生)・修学旅行(6年)や学芸会などの学校行事、体力測定会やこう福祉21などの地域行事において目標を立てながらしっかり取り組みました。本日、子ども達にお渡しした通知票「あゆみ」には、その子なりの頑張ったことや、よい面、光った言動、今後努力してほしい点などが記されています。その内容をお子さんと共有し、2学期の頑張りを振り返り、成長した姿を見付けてあげてください。

 

さて、終業式で話した校長の話(第2学期終業式の話)です。クリックしてご拝読いただければ幸いです。

           

3学期は、年明け1月16日から始まります。冬休み中、事故や病気のないよう元気に過ごしてください。

 

令和元年12月24日(火)学校の風物詩~終業式前の下駄箱掃除

学校には、子ども達が毎日使うものがたくさんあります。その中で一番汚れるものがあります。それは、何でしょうか。答えは、「下駄箱」です。下駄箱は、雨の日や雪の日で靴が泥んこになった時も、水遊びで靴がびしょぬれになった時も大切な靴をしまう場所です。たぶん、学校の中で一番汚れている場所ではないでしょうか。その下駄箱を、学期末には時間を掛けて丁寧に掃除します。子ども達は、掃除をしながら「もう2学期も終わりか」「冬休みが楽しみだなぁ」など思いを巡らせます。毎日使う場所で、一番汚れる場所、そんな下駄箱の隅々まで綺麗にしたらいよいよ冬休みです。明日で86日間の2学期も終わります。インフルエンザが出始めています。うがい・手洗いを忘れず、しっかり食べて、しっかり寝て明日の終業式に備えてください。今夜は、楽しいクリスマスですが、夜更かししないようにしましょう。

令和元年12月20日(金)学校図書館司書と教科指導のコラボ!

第4学年の国語で学習した「ごんぎつね」で、「色々なごんぎつねがあるんですよ」と余西さんから子ども達に話したところ、学級担任が図工の題材として活用し、こんな素敵な絵画が完成しましたので紹介します。子ども一人一人が新美南吉の世界観を感じながら「ごんぎつね」を表現しました。

 

 

令和元年12月19日(木)学校の掃除は、分担・協働・誠意で成り立っている!

子どもの衛生面へ配慮や学校における働き方改革の一環で今、学校から子どもによる清掃活動がなくなっているという話を聞いたことがあります。時代とともに学校教育の形が変化しているのでしょう。

さて、本校では児童による清掃活動において「分担・協働・誠意」を大切にしています。「分担」で大切なことは、みんなで働くということです。ですから、掃除は放課後ではなく、給食指導後に行っています。

続いて「協働」です。特別な組織を編成せず、互いをよく知る学級ごとに割り当てられている場所を、力を合わせて掃除しています。

最後に「誠意」です。感謝の気持ちをもって、ふざけず、さぼらず、押し付けず担当者全員で最後まで掃除をします。来週は、普段、掃除できないところの大掃除も行います。感謝の気持ちをもち、120名でしっかり掃除して、年末を迎えましょう。

令和元年12月18日(水)魔法の図書館~読書教育の充実を目指して

「本があっても子どもは読まない」本の魅力を発信し、伝える人がいるから子どもは本を読み、友達にそのおもしろさを伝えるのでしょう。「魔法の図書館」本日は、本校の図書館の活動を紹介します。

第4学年の朝読の時間に、担任の先生から国語の授業でブックトークを勉強したので続けたいと依頼があり、学校図書館司書の余西さんがブックトークで何冊か紹介した後、1分間でブックトークする方法を子ども達に紹介しました。

その後、子ども達が朝読の時間に紹介する本を図書館に選びにきて練習しました。本日、練習した成果を発表しました。3~4人のグループにわかれて、1人1分で本を順番に紹介していました。紹介した本は後ろに展示して、自由に見られるようにするそうです。素晴らしい読書活動です。

また、公務補のアイディアで子どもの視線を意識した本棚が設置されました。新しいものを購入するのではなく、今あるものを工夫して使う、これも素晴らしい取組です。最後に、司書のアイディアをもう一つ紹介します。それは、何十年も前に購入された英和辞書の活用です。この辞書は、このままでは誰も読めないし、興味がないので読みません。しかし、英語の絵本と並べて図書館スペースに展示することで、子どもが「絵本の単語を、辞書で調べてみる」という探究活動の引き金になりました。教育のトリガーは、小さなきっかけや工夫で生れるものなんですね。

令和元年12月17日(火)2学期も残すところ1週間

厚岸町にも冬の便りが届き、考聴室の窓から見える景色も一変しました。89日間の2学期も後、6日となりました。どの学年も2学期のまとめや学びの振り返りを行っています。今日も各学級の授業を参観しました。1年生は体育館で猛獣狩りなど、表現遊びを行っていました。3年生は音楽の授業でリコーダー演奏に取り組んでいました。低い音を出すには、どうやって息を吹き込むか考えていました。どの学年も真剣に授業に取り組んでいる様子がうかがえました。

  

また、本校では児童の学習状況や課題に応じて学級を分けて行う少人数指導を取り入れています。本日は、6年生の算数で組み合わせ、4年生の算数で算盤(そろばん)の学習を少人数指導で行っていました。児童は少人数で学習することで、お互いの考えを何度も交流できたり、早い段階でつまずきを見付けてもらったりすることができます。

  

令和元年12月12日(木)

次から次へと考えが広がり、深まっていった算数の学習

第1学年の算数の授業を拝見しました。子ども達は、2つの箱の大きさを比べていました。箱と箱をくっつけたり、大きな箱の中に小さな箱を入れたりしながら比べています。「長さが違うんじゃないかなぁ」と言って、ある子が紙テープで箱の長さを測り始めました。「どことどこの長さを比べればいいのかなぁ」と言って、紙テープを当てて、ハサミで切り、箱の名前を書いていました。子ども達は、様々な方法を通して、話合いながら正確に、そして簡単に大きさを比べる方法を導いていきます。この子ども達の姿が、今、社会が求めている「自分の考えを伝え、目的を達成するために折り合いを付けながら協議し、追究していく」姿です。日々の授業は、確実に子ども達の未来につながっています。

  

 

  

 

まだまだ、走るぞ!~ランランディ

寒くなったり、ゆるんだりと安定しない気温が続いています。本校で、4月から取り組んできたランランディも走る場所をグラウンドから体育館に変えて、子ども達は走っています。学校課題でもある体力の向上の一助になればと考えています。本日も3名の児童が考聴室に2枚目のカードを取りにやってきました。「これからもがんばって走ろうね」と声を掛けると、「はい。体育の時に走ります」と返事が返ってきました。

 

 

令和元年12月11日(水)

第6学年 がん教育に関する授業~がんと向き合う

町立病院の看護師の方にご来校いただき、第6学年児童を対象にがんにかんする授業を行いました。学校におけるがん教育は、令和3年度から中学校、令和4年度から高等学校の教育課程に位置付けられている内容です。小学校においては、保健分野の学習で生活習慣病を扱っていますが、今年度は中学校への接続も含めて実施していただきました。関連する内容が掲載されている資料を紹介しますので、興味のある方は、検索してみてください。

 

 

授業後、子ども達のアンケートを拝見しましたが、「煙草の悪影響について家族で話し合ってみる」「大人になったらたばこは吸わない」「塩分を控えた食事を心掛ける」「家族の体調に異変を感じたら病院に行くよう声を掛ける」などの意見が書かれていました。ぜひ、ご家族でも話し合ってみていただけたら幸いです。

令和元年12月10日(火)

5年生が企画する給食交流会

本日は、次年度の最高学年となる5年生が企画した「全校給食交流会」を開催しました。それぞれの教室で給食を準備し、決められた教室に移動して縦割り班ごとに給食を食べながらお話をします。各班の話題は、5年生が考えました。私が撮影に行った教室では、好きなアニメについて盛り上がっていました。「校長先生は、何が好きですか?」と尋ねられましたので、「ワンピースです。」と答えたところ「パパが好きだよ。いつも見ているよ。」「知っているけど、見たことない。」などの反応があり、世代を感じた瞬間でした。企画した5年生の皆さん、ありがとうございました。また、5年生をサポートしていた6年生の気遣いに感謝します。

 

               

 

令和元年12月9日(月)

2学期も残すところ、13日となりました。本校の終業式は、学校閉鎖の影響もあって町内の学校より1日遅い25日となっています。兄弟・姉妹の終業式が異なり、各ご家庭のご予定に影響を及ぼしてしまいますが、ご了承願います。

 

 

さて、本日は、2つの出来事を紹介します。

1つは、先週の土曜日(7日)に釧路市文化会館で行われた第42回釧路市小学校管楽演奏発表会にて本校の金管同好会が発表しました。人数こそ10名と少ないですが、指導者を中心に連日、体育館で練習していました。発表会では、その成果を思う存分に演奏していた姿に感銘を受けました。このような少年団活動(同好会)は、保護者の協力と指導者の熱意がなければ成り立ちません。皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

  

もう1つは、遅くなりましたが、梅香地区の避難所の整備についてです。5月に行った自校の避難訓練で気になったことを、梅香地区自治会長に話をさせていただいたところ、「避難者の事故を防ぐため、早急に対応する」と受け止めていただき、町危機対策室に掛けあっていただいた結果、11月に避難者が安全に斜面を登ることができるよう手すりが設置されました。地域自治会及び町危機対策室の皆さん、ありがとうございました。これで脚力の弱い低学年も安心して避難できます。また、足元の滑りやすくなる冬期間も安全に避難できるようになりました。

   

令和元年12月6日(金)

もっともっと、本を読もう!

本日、発行した厚小だより特別号でも話題にしていますが、子どもが語いを獲得するためには勉強も大切ですが、それ以上に読書が大切だという調査結果が出ています。本校でも今年度は、生活リズムチェックシートの目標に「15分以上の読書時間」を掲げていますが、残念ながら夏休み明けの生活リズムチェックでは、目標値を超えた児童は平日で40名、土日で42名となっておりました。来週、取り組む生活リズムチェックでは、どのような結果になるか楽しみです。

おたよりのデータをご覧になりたい方は、こちら(011206厚小だより特別版)をクリックしてください。また、北海道教育委員会の資料を参考にされたい方は、こちら(家族で一緒に読書を楽しみましょう!)をクリックしてください。

 

 

 

さて、4月から読書に取り組み、昨日、96冊の本を読み終えた児童を紹介します。この子は、学校図書館で借りた本が96冊ということでで、お家にある本を加えると、それ以上の読書をしているお子さんです。単純に平均すると、月に10冊以上の本を読んでいることになります。なかなか読めるものではありません。素晴らしいことです。

 

令和元年12月5日(木)

子ども一人一人が目標を達成しています!

本日もランランディの目標を達成した5年生2名が考聴室にやってきました。寒くなってきましたが、子ども達はランラン活動以外でも少しずつ走っています。本校は、地震等で津波が発生した場合、高台の桜通り避難所に逃げなければなりません。全員が確実に避難できる体力を身に付けるために、これからも走りましょう。

 

情報モラル教室の開催~自分の身は、自分で守ろう!

本日、3時間目に厚岸警察署の生活安全課の警察官の方を招聘し、情報モラル教室を開催しました。警察官の方から「知らない名前のメール、ラインを開かない」「オンラインゲーム等で仲良くなっても誘いにのらない」「写真や住所などの個人情報をネット上にのせない」の3つは、最低限のルールですと言われました。

 

本校では、先日、児童を対象に行ったアンケートから「家庭でルールを作っている児童が増えた」というよい結果を得ております。今後も各ご家庭で情報端末機器の利用については、しっかり話合い、事件や事故に巻き込まれないようにしてください。

 

 

 

 

夢中になって学ぶ子ら

子どもが夢中になる場面って、どんな時でしょう?楽しくて勝手に身体が動き出す時、早く結果が知りたくて、見たくて身を乗り出している時などなど、子どもの心が身体を突き動かす場面って、見ていてうれしくなります。今日の「教室ぶらり訪問」の時、そんな場面に出合いました。

1つは、1年生の算数です。二つのペットボトルのかさを比べる学習です。「どちらのかさが多いでしょう?」という問題を解決するために、実際に色水を入れました。その瞬間、子ども達が身を乗り出し、結果を食い入るように見ていました。

もう1つは、2年生の音楽です。子ども達は、グループに分かれてリズムに合わせて振付を考えていました。曲は、「村祭」でした。「ドンドンヒャララドンヒャララ、ドンドンヒャララドンヒャララ」に合わせて飛び跳ねていました。

令和元年12月4日(水)児童会活動の充実

学校生活をよりよくするために、4年生以上の児童で組織を作り、日常的に活動している児童委員会ですが、今日は二つの委員会を紹介します。

保健委員会では、インフルエンザ等の感染症が流行る前から手洗い運動に取り組んでいます。「あわあわかめさん」の歌に合わせて毎朝、しっかり手洗いを行っています。どんな歌詞か気になる方は、こちらのタイトルあわあわ手洗いの歌をクリックしてください。そして、今日から特殊なクリームを使った手洗い点検を行います。皆さん、上手に洗えたかな。

  

図書委員会では、先月取り組んだ「読書月間」の成果として、読み聞かせクイズの結果を玄関ホールに掲示しました。本の題名を教えないで、読み聞かせを聞き、題名を当てる取組です。子ども達は、たくさんのクイズに挑戦しました。

 

令和元年12月3日(火)

私達の生活を守るために

本日の全校朝会では、2つの児童委員会が学校生活の改善に向けて発表しました。1つは、生活スマイル委員会です。生活スマイル委員会からは、12月の生活目標の紹介がありました。12月は「学校をきれいにしよう」です。特に、トイレの使い方がよくないので、トイレットペーパーの使い方について気を付けるポイントが説明されました。もう1つは、保健委員会です。保健委員会からは、手洗い点検のお知らせがありました。特殊なクリームを付けて、手洗いがしっかりできたか学年ごとに点検します。このように2つの委員会が提案した内容は、学校で子ども達が清潔かつ安全に暮らせるようにするための取組です。

みんなで意識して生活しましょう。

 

令和元年12月2日(月)

大盛況でした!厚小まつり

昨日、開催されたPTA三役・学年代表が主管する厚小まつりでしたが、たくさんの児童及び保護者、ご家族の方々が参加し、成功裏に終えることができました。準備から当日の運営まで担当していただいた学年代表の皆様、本当にお疲れ様でした。また、今回の厚小まつりでは、カラーセラピストの方々にご来校いただき、「こころの色」についてお話を聞く機会がありました。私も参加させたいただき、お話を聞いていただきました。自分の考えや気持ちを可視化することができ、とても気分がよくなりました。子ども達もたくさん話を聞いていただきました。セラピストの皆様、ありがとうございました。まつりの最後は、参加した子ども達も保護者と一緒に後片付けをしました。声を掛ける前に、まわりを見て気付き、行動できた児童がたくさんいたことがうれしかったです。今後、反省をもとにPTA三役とも話合い、来年は、さらに内容を工夫し、参加した子ども達が楽しめる時間にしていきたいと考えています。

           

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////11月の活動

令和元年11月29日(金)

「授業づくり」ラリー講座が行われました。

釧路算数数学教育研究会が主催する「授業づくり」ラリー講座が本日、本校の6年生の学級で行われました。学級担任以外の先生が授業を行うことは、小学校では珍しいことですが、来年度、中学校に進学する6年生にとって貴重な経験となりました。子ども達は、初めて見る先生に対しても物おじせず、はつらつと自分の考えや意見を言っていました。全体の重さしかわからない紙の束の枚数を考える問題でした。1枚の紙の重さを使って求める方法や比例の関係を使って求めるなど、工夫していました。どんな授業をしたのか内容については、お子様が帰宅された時、聞いてください。

       

令和元年11月28日(木)

2学期最後の参観日~2日目が終わりました!

昨日に引き続き、本日も本校では2学期最後の参観日を行いました。年末にも関わらず、たくさんの保護者の方々にご来校いただき、感謝申し上げます。また、授業参観前や学級懇談後、内容を工夫した親と子どもが楽しむ活動を設定し、親子の親睦を深めていました。

なお、授業公開については、道徳が多く、参観された保護者の皆様には、子ども達の発言や活動から「道徳的価値について真剣に考える姿」が伝わってきたと思います。これからの道徳の授業では、道徳的価値(正しいこと)を自分なりに捉えたり、葛藤したりする場面を意図的に増やしていく必要があります。

       

 

令和元年11月27日(水)

2学期最後の参観日~1日目が終わりました!

本日は、お忙しい中、たくさんの保護者の方々にご来校いただき、誠にありがとうございました。今学期最後の参観日となりましたが、お子様の様子はいかがだったでしょうか。各ご家庭では気付かない成長を、学級集団の中や授業場面で知ることがたくさんあります。今夜は、ぜひ、ご家庭でお子様の変容や頑張りを話題にしていただき、褒めていただければ幸いです。また、授業参観を通して気になったことや相談したいことなどがありましたら、学校までご連絡願います。

子ども達の食生活などについて考える給食試食会を行いました!

本日、インフルエンザによる学校閉鎖で延期していた給食試食会を開催しました。日程が変更されたこともあって参加者は少なかったですが、試食会の前に行った養護教諭による朝ごはんと給食についての話合いでは、それぞれのご家庭の状況や食事の大切さ、食事マナーなどについて意見を交換することができました。参加していただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

 

話合い後、実際に本日の給食を試食していただきました。保護者の方々に学年によって盛りつけの量が違うことを知ってほしいので、低学年・中学年・高学年の盛り付けサンプルをつくりました。子どもの発達に合わせて給食センターも工夫しています。(大人は、表示のみですが、お知らせします)

  

最後に参加者全員で美味しく給食をいただきました。ごちそうさまでした。

  

 

 

給食に関する北海道教育委員会の情報については、次のURLからリンクできます。ご利用願います。

食のハンドブック「きらり☆DOSANKO(どさんこ)」 1・2年生用

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ktk/kyusyoku/syoku-handbook_tei_1.htm

食のハンドブック「きらり☆DOSANKO(どさんこ)」 3・4年生用

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ktk/kyusyoku/syoku_handbook_chu_1.htm

食のハンドブック「きらり☆DOSANKO(どさんこ)」 5・6年生用

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ktk/kyusyoku/syoku_handbook_kou_1.htm

 

本日も4名の2年生がランランカードを達成しました!

昨日のランランディで目標の町に到達した4名の児童が考聴室を訪ねて来ました。中には、4枚目に突入したお子さんもいました。コツコツと時間を掛けて、最後まで走った結果です。とても素晴らしい記録です。これから寒くなりますが、体力作りに挑戦していきましょう。

 

 

 

 

令和元年11月26日(火)

今日の図書館

図書館司書の余西さんから素敵な写真をいただきましたので、紹介します。どの子も楽しそうに図書館での時間を過ごしています。

今日も走りましたランランディ!

厚岸町も急に寒くなりましたが、今日も子ども達は体力の向上に向けてグラウンドを走りました。霜柱が溶けて走りづらい状況でしたが、真剣に最後まで走りました。ランランデイタイム終了後、二人の子どもが2枚目のカードを考聴室に取りに来ました。その後、お昼休みに1年生7人が考聴室にやってきました。ランランデイは、あと1回となりましたが、最後までしっかり走ってください。

 

 

グラウンドオンラインゲームなどに関するルールを作る家庭が増えています!

先日、児童会役員会でスマホ等に関するアンケートを行い、そのアンケート結果が全校朝会で紹介されましたので、お知らせします。本校では、今年の7月に学校評価に関する児童アンケートを行いました。そのアンケートの結果では、53%の児童が「インターネット等を利用するルールがある」と答えていました。その後、学校評価を踏まえた改善プランを提示し、各ご家庭のご理解いただき、「ルールを作った家庭」が増えました。保護者の皆様のご協力に感謝申し上げます。

 

R1前期・学校評価公表資料

本日、児童会役員が発表した資料を公表させていただきますので、是非、ご家庭でも話題にしていただき、お子様と再度、オンラインゲームの利用について話し合っていただければ幸いです。よろしくお願いします。

11月26日 児童会朝会アンケート結果発表

 

 

 

 

 

 

令和元年11月22日(金)

それぞれの目的や内容に合わせて活動の仕方を工夫しています!

本校の児童委員会は、第4学年以上の児童が6つの組織に分かれて、学校生活をより良くするためにアイディアを出し合っています。活動内容に合わせて子どもたちは、全体協議をしたり、グループに分かれて話合いをしたりするなど、主体的に自分達の力で進めています。また、左の写真を見てください。自分のカバンや上着は、活動の邪魔にならないように、後ろに並べています。このルールは、全ての委員会で徹底されています。

それでは、各委員会の活動の様子を紹介します。

  

 

  

 

  

校内作品展が始まりました!

本校では、町美書展に出品した作品も含めて、全校児童の作品を、本日11月22日(金)から11月29日(金)15時40分まで体育館に展示しております。今月末に予定しております参観日の際、ご来校された保護者の皆様は、ぜひ、体育館にも足を運んでいただき、子ども達の作品を見ていただき、お子様に一声掛けていただければ幸いです。よろしくお願いします。

 

 

令和元年11月21日(木)

Can you speak   English ?

教育委員会のALTといつも外国語の学習を楽しんでいる子どもたち。今日も授業を拝見すると、子ども達は、照れながらでしたが、習った英文を紹介してくれました。

  

 

 

質問です。「今日は、何の日でしょう?」

答えは、「インターネット記念日」です。アメリカでインターネットの元になるARPAネットの実験が始まった日にちなんで、設定されました。給食時間の校内放送で保健室の先生から次のようなお話が紹介されました。

2019年5月に世界保健機関(WHO)は「ゲームのやり過ぎで問題行動が続くのは病気」として認め、新しく「ゲーム障害」という病名を発表しました。スマートフォンなどでゲームをつい夜遅くまでやって、次の日に学校ですごく眠かった、寝坊して遅刻してしまった、ということはありませんか?「たまにある」というのではなく、長い間、ゲームのやりすぎで学校に行けなくなるなどの問題がずっと続く場合、それは病気です。日本では「ゲーム依存症」とも呼ばれています。

各ご家庭におかれましては、お子様のゲーム依存をなくすためにも家族でルールを作り、お互いに声を掛け合いましょう。

図書委員会による読み聞かせ

読み聞かせをめあてに、お昼休みにたくさんの児童が図書館に集まってきました。本日の担当は、6年生の男子でした。本校の読書月間の読み聞かせには、ある秘密があります。それは、読み聞かせをしてもらったお話の題名を考えるクイズです。さぁ、今日のお話は、どんな題名でしょうか?

また、図書館には、それぞれの目的を達成するために集まってくる児童がたくさんいます。ブックビンゴや読書クイズなど、それぞれが思い思いに読書を楽しみ、余西さんがさりげなくサポートしてくれます。図書館に行けば、本がある。友達がいる。余西さんがいる。こんなステキな場所と時間は、他の学校にはないでしょう。

最後に素敵な出来事を紹介します。以前から傷んでいた図書館の入り口の板(左の写真)が気になっていました。そんなある日、出勤した余西さんが図書館に行ってみたら、なんと入口の板(真ん中の写真)が綺麗に塗られていました。そして、さらに床の汚れ(右の写真)が綺麗になっていました。縁の下の力持ち、公務補さんの作業に感謝します。ありがとうございました。

塗装前の入り口の板  

令和元年11月20日(水)

学校の教育は、家庭や地域に支えられている!

第4学年の図工で木工があります。材料を集めることに苦慮していた学級担任は、保護者に協力を依頼したところ、4家庭の保護者から材料を提供していただきました。中には、子どもが扱いやすいように長さを揃えて切っている木材もありました。皆様の力や支援で学校教育は成り立っていることを痛感しました。本当にありがとうございました。

厚岸小☆読書月間、盛り上がっています!

各学年の実態や発達の段階に応じて取り組んでいる「読書月間」ですが、次々と読書に取り組み、ブックビンゴを揃えている児童が増えてきました。また、図書館では、余西司書が優しく児童にかかわりながら本の世界を広げています。子ども達が、この取組をきっかけに読書を見直し、本と触れる時間を増やしてくれたら幸いです。

    

令和元年11月19日(火)

確かな学力を支える言語環境の充実

本校では、言語環境の充実に取り組んでいます。言語環境の代表的なものと言えば、教職員の正しい言葉遣いや丁寧な文字です。また、子どたち自身のノートに書く文字やレイアウトの工夫も言語環境に入ります。職員室前の廊下には、選定基準に基づいて選んだノートを常設しています。

また、今週から玄関ホールにおいてノート展覧会を始めました。授業中のノートや家庭学習ノートなど、工夫を凝らしたノートを展示しているので参観日の際にでもご覧いただければ幸いです。

  

授業改善に努める!

昨日、釧路教育局義務教育指導班の指導主事と厚岸町教育委員会の指導室長にご来校いただき、第3学年の社会と第5学年の国語の授業を参観していただき、指導助言をいただきました。教員は、日々、子どもたちの学力を向上させ、よりよい人間関係を構築するために研鑚と修養に努めています。指導主事と指導室長の訪問は、その研修の1つです。研究授業についてご指導いただいた内容と、本校の研究についてご助言いただいた内容をもとに、次年度の研究体制を検討してまいります。

  

 

  

 

  

令和元年11月18日(月) 釧路教育局長がご来校されました!

先週の金曜日(15日)に町内で開催される研修会に合わせて、釧路教育局長、次長、指導監、教職員係長、主任の5名にご来校いただき、子ども達の授業の様子や学校図書館を視察していただきました。授業を参観された局長から「どの学年の児童も集中して授業に参加していますね。また、挨拶もしっかりできています。学校として取り組んでいる授業規律がしっかり定着しており、効果を発揮している様子がうかがえます。」という感想をいただきました。

  

また、昨年度まで本校の校長先生をされていた秦指導監からも「5時間目の授業であっても1年生、2年生が集中して授業を受けていることが立派です。」と感想をいただきました。

 

最後に、8月1日から学校図書館司書を配置していただき、図書教育が充実した図書館を観ていただきました。視察された局長等から「司書がいると、こんなに図書室が充実するんですね。先生と連携した教材研究が充実したり、司書の専門性を生かした掲示物・レイアウトを工夫したりするなど、どの取組も素晴らしいですね。」と口々に感想をおっしゃっていました。

  

校内にしても子ども達の集中力や図書館の充実ぶりには気付いていますが、改めて外部の方々から感想をいただくと、本校の変容が具体的に見えてきます。これからも子ども達のよりよい学習環境が保証できるよう努力していきます。

 

令和元年11月15日(金) 人が集まり、かかわりが生れる空間でありたい

学校図書館司書が仕掛けを作り、その仕掛けを教師が活用して、人と人のかかわりが生れていく学校になりました。学校図書館司書の余西さんの献身的な取組を通して、どんどん学校が変わっていきます。1年生が6年生の活動に憧れ、友達同士で伝え合う場面が、本校の図書館にはたくさんあります。

令和元年11月14日(木)

外部講師の専門性を生かした教育活動「防犯教室」及び「人権教室」を開催しました!

学校の授業は、教師だけが教えるわけではありません。それぞれの分野の専門の方が教師の変わりに教えた方が効果のある内容もあります。本校では、薬物乱用防止教室や不審者対応などの授業を行う際、厚岸警察署の生活安全課の警察官に来ていただき、知らない人から声を掛けられた時の対応やランドセルをつかまれた時の対応など具体的な場面についてもご指導いただいています。

    

 

  

 

  

また、過日、第5,6学年を対象に行った人権教室では、本町の人権擁護委員会の委員の方に来ていただいて、障害のある人の話や人権を守ることの大切さについて学びました。早速、学校図書館司書にお願いして学校図書館に「パラリンピック」のコーナーを作ってもらおうとお願いしたところ、本校には人権に関する本が無かったので、町情報館から本を借りて素晴らしいパラリンピックのコーナーを作ってくれました。タイムリーな図書を提供する、学校図書館司書が配置されている強みです。

  

 

  

 

   

 

 

「この本、楽しかったよ、いろんな本がもっと読みたい!」読書月間大作戦!

学校図書館司書と児童会図書委員会のコラボで展開している読書月間ですが、すでにビンゴを達成した児童やクイズに正解した児童がいます。どんなことがきっかけとなって、本が好きになるかわかりません。小学校の段階では、とにかくたくさんの本に触れること、手に取ること、読んでみることをねらいとして取り組んでいきます。今月末まで取り組んでいますので、ぜひ、参観日の際にでも図書館に足を運んでいただければ幸いです。

令和元年11月13日(水)

第4ステージ突入!

本校で取り組んでいるランランタイムは、ランランウィークやランランデイで走った距離(周回)を記録していき、各自が立てた目標を達成していきます。子どもの意欲には波が付き物です。コツコツと目標に向かって努力するって本当に難しいことです。大人でもなかなか達成できるものではありません。

しかし、本校の児童120名の中でたった一人だけ、第4ステージに突入した児童がいます。彼は、第3ステージの3枚目のカード(90周)をクリアして、今、第4ステージ120周に入りました。一言で90周と言ってしまえば簡単ですが、27キロもの長さを決められた休み時間に走りながら達成したのです。素晴らしい功績です。頑張れ ゆうご君!

 

うだ、美書道に行こう!

厚岸町小中学生美術書道展が生活改善センターを会場に11月18日の午前中まで開催されています。子ども達が学校の授業で取り組んだ絵画や書道の作品が展示されています。ぜひ、皆様、ご観覧していただければ幸いです。

 

厚岸漁協からのプレゼント

昨日の給食に出た「イワシのごま衣揚げ」は、厚岸漁協から無償でいただいたマイワシを給食センターが調理して提供していただいたものです。ごまの風味と香ばしさが食欲をそそりました。本校では、第1学年の児童が取材を受け、ニコニコ笑顔で食べている様子が本日の北海道新聞(左端)と釧路新聞(左から2番目)で紹介されました。

令和元年11月11日(月)

「言葉の大切さ」~スクールカウンセラーの授業より~

本日、第6学年の学級でスクールカウンセラーによる「言葉」の授業が行われました。授業の前段では、「わかりやすく、優しく伝える言葉」について説明を聞きながら絵を描く演習を行いました。先生は言葉だけを聞いていてもうまく絵が描けないことに気付かせ、子ども達には全体像を伝えたり、順番を加えたりすればうまく伝わることを実感させていました。

中段では、「ふわふわ言葉とちくちく言葉」についてグループで話合いながら書き出していくグループ学習を行いました。子ども達は、普段から意識しないで相手をいやな気持にさせる言葉を使っていることに気付いていました。

後段では、クラス全員が1つの輪になってつながり、前の人の肩に手を置いて、幸せメッセージを送る演習を行いました。ある女の子は、人の手を通して温かさが伝わり、心が温かくなってくることを実感していました。

「こう福祉21」で発表して来ました!

昨日、福祉センターで開催された「こう福祉21」に本校の5年生児童が参加させていただいたので、見学して来ました。会場には、近隣の町村からたくさんの団体が参加していて、文字通り、福祉を考える一日になりました。

本校の5年生は、総合的な学習の時間で本町の福祉施設や福祉に関する事業について調べたり、考えをまとめたりしながら学習して来ました。会場では、たくさんの保護者の方々と地域の方々に発表を聞いていただきました。会場準備や機材の設定にご尽力いただいた実行委員会の皆様、ありがとうございました。

 

     

令和元年11月8日(金)

「さぁ読むぞ!」読書週間に向けて

来週から始まる読書週間に向けて各学年では、読みたい本を選んだり、今まで読んだ本を整理したりしています。4年生では宮沢賢治氏のシリーズにハマっている子どもが多いようです。誰が最初にブックビンゴが揃うかな?みんなで楽しく読書しましょう。

異学年の子どもが力を合わせて!

児童委員会では、異年齢の子ども同士で協力し、学校生活の充実と向上を図るための諸問題の解決に向けて、計画を立て役割を分担し、協力して運営することに自主的、実践的に取り組んでいます。今日の活動時間においても学校の諸課題について話合い、よりよい解決策を導き出していました。

令和元年11月7日(木) 学校図書館司書がいる強み

これまでも配置された学校図書館司書(以下、「司書」と表記する)の取組については、HPでも紹介してきました。本日は、全校的な取組である「読書週間」について紹介します。本校では、来週の11日から29日までの3週間を「読書週間」に位置付け、司書が中心となって全校児童が本を読みたくなる環境をつくり、読書意欲が向上する仕掛けを工夫しています。ブックビンゴや景品のしおり・お守りのアイディアは、以前に視察させていただいた別海町の小学校をヒントに司書が考え、職員が協力しながら準備してきたものです。学年ごとに読んでほしい図書を入口正面に設置するなど、環境構成も工夫しています。今月末に参観日もありますので、是非、お子様の授業を参観された後、図書館にも足を運んでいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

  

また、司書の専門性を生かして教科指導に必要な図書や授業の広がりの中にある図書など、授業と学校図書館の能動的な連動が生まれ、子ども達が積極的に図書館を利用するようになりました。これも司書の大きな効果です。これからも読書教育の推進に努めてまいります。

 

令和元年11月6日(水)

ランランキャンペーン、初の記録カード 3枚達成者!

本校の体力向上に関する取組の1つである「ランランキャンペーン」において本日、3枚目の記録カードが塗り終え、校長室に4枚目のカードを取りに来た児童がいました。このお子さんは、昨日のランランデイの取組の中でも自分の目標に向かって黙々と走っていました。このような偉業は、彼のような静かではありますが、真剣に直向きに取り組んでいる結果、生まれるのでしょう。おめでとうございます。

 

 

磨き合う 道徳の授業

学芸会が終わって、本校では職員室で道徳の授業がよく話題になります。校長の私も意図的計画的に授業をさせていただいています。本日も2年生の学級で「給食当番」という資料を使って「親切・思いやり」について学習しました。登場人物を演じて気持ちを考えるという流れで授業しました。また、5時間目は、1年生で道徳の授業を見せていただきました。1年生も登場人物を演じて、気持ちを考える授業でした。子ども達は、しっかり考えて、自分の意見をもって友達と交流していました。

  

 

  

 

  

教師は、日々、授業を磨く

11月18日(月)の校内研究会に向けて2つの授業の研究を行っています。低学年ブロックは第3学年の社会科、高学年ブロックは第5学年の国語科の授業を公開します。公開授業を通して、子どもが目的意識をもって主体的に考え、表現できるような授業になっているか検証します。本日は、授業公開に向けてブロックごとに「授業を磨く」ための協議を行いました。若い先生もベテランの先生も分け隔てなく意見を交わしました。本気で授業を考え、授業を磨く雰囲気が厚岸小学校にはあります。子ども達のためにもっともっと力をつけていきましょう。

  

 

  

令和元年11月5日(火)

一人一人の生活を豊かにする取組の発信があった全校朝会

児童会役員会では、最近、子ども達の間でオンラインゲームのトラブルが増えているので、アンケートを行うことにしました。トラブルの多くは、ゲームの内容に夢中になり過ぎて、相手を傷つける言葉を遣ったり、馬鹿にしたりするなど、これまでの良好な関係を壊す事態を招いています。児童会役員会が行ったアンケート結果については、11月26日の全校朝会で発表する予定です。このアンケートをきっかけに自分達の遊び方を見直しましょう。

児童生徒のソーシャルメディア使用に係るお願い

私たちの宣言2019

 

厚岸小読書週刊が始まるよ!

晩秋となってしまいましたが、家族そろって読書の秋を楽しみませんか?本日の全校朝会で図書委員会と学校図書館司書がコラボで呼びかけました。読書を通して「語いを増やそう」「想像力を高めよう」「集中力を身に付けよう」と、読書のよさを伝えました。実際に学校図書館司書が絵を見せないで読み聞かせを行い、子ども達に場面や気持ち、考えなどを想像させていました。厚岸小の皆さん、たくさん本を読んで、オリジナルのお守りやしおりをゲットしよう。

  

11月は学習月間です。しっかり学びましょう!

生活スマイル委員会では、11月の生活目標「じっくり学習に取り組もう」を発表しました。発表の中で全校児童に意識して欲しいことを2つ話していました。1つ目は、机の上の整頓です。厚岸小学校の当たり前にもありますが、教科書を置く場所を意識しましょう。2つ目は、姿勢です。これも厚小の当たり前にありますが、おへその前にすき間をつくり、足の裏を床に付けて座る。これだけを意識しましょう。

  

グラウンドが使えるまで走ります!

朝晩の冷え込みが強くなり、霜や凍結でグラウンドが使えなくなるまで厚小の子ども達は走ります。ランランディ・ランランウィークを通して、走りきる体力を付け、災害時に生き残れる力を身に付けましょう。走り終わった子どもから「校長先生も走れば?」と声を掛けられましたので、挑戦してみようと考えています。

  

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////10月の活動

令和元年10月31日(木)

子ども達が安全に登下校ができるように~通学路安全推進会議を終えて~

昨日、役場庁舎において13時30分から令和元年度厚岸町通学路安全推進会議が行われました。会議の中では、各種教育機関から上げられた通学路に関する危険個所について情報を共有し、その後、現地確認に出向きました。道路標識の修繕や一時停止に関する標示の設置、歩道の修理など子ども達が安全に安心して登下校するためには、必要な対策ばかりでした。今後、関係機関と協議し、検討されるそうです。厚岸小学校及び厚岸中学校、厚岸保育所、子夢希児童館から要望を上げていた「町道 筑紫恋道路の歩道(タバタ前から厚岸保育所前まで)」について今年度中に補修される予定です。

 

最後にお願いです。釧路建設管理部厚岸出張所からお知らせがありました「道路への雪出し」についてですが、各ご家庭の事情もありますが、児童の安全確保が最優先ですので、歩道への雪出しは、やめてください。

 

 

 

 

 

令和元年10月30日(水)

保健委員会プレゼンツ!「手洗いキャンペーン~感染症における最も効果的な手立て~」

様々な方法で感染症の予防を行いますが、やはり「手洗い」に勝るものなしではないでしょうか!本校では、手の洗い方が定着できるよう実感の伴う取組として「手洗いキャンペーン」を始めました。朝の学習前に全校児童が音楽に合わせて手を洗います。委員会の児童が押してくれたスタンプを洗い落とせるよう手のひらや甲をしっかり洗います。ぜひ、ご家庭でも手のひらや甲、指間も含めてしっかり洗えるよう声掛けをお願いします。学校閉鎖や学年閉鎖が未然に防げるよう心がけていきます。

  

 

  

 

  

誰よりも速く、正確に!九九検定にかける22名の熱意

2年生の教室から聞こえてくる九九算の声をよく聞いていると、「自信をもって言ってるな!」「たくさん練習したんだろうな~」「速いだけじゃなくて、正確だ!」と感じたので、教室の中に入ってみました。子ども同士で九九を言い合い、チェックしたら先生に時間を計ってもらいます。上がり九九(小さい方から順に言う)は8秒、下がり九九(大きい方から順に言う)は10秒を切れば合格です。子ども達の真剣な表情、目標を達成したいという強い気持ちが伝わってきました。

  

 

  

 

令和元年10月29日(火) 小中連携の充実~職場体験発表会に参加して~

本日、厚岸中学校第2学年の生徒が職場体験を通して考えたことを発表すると聞いたので、本校の6年生と一緒に参加させていただきました。中学校ではキャリアア教育の一環で2日間の職場体験を行っています。生徒にとっては、将来、就職したい職場や興味のある仕事を体験する貴重な機会となっているようです。また、その体験を本校の6年生は、生徒の発表を通して間接的に学ぶことができます。小学生にとっては職業観を意識することよりも身近な存在である中学生が「仕事を通して何を考え、自分を振り返り、成長しようとしているのか」を学ぶ最高の場面です。6年生は、真剣に中学生の発表を記録し、気になることがあれば積極的に質問する児童もいました。興味や関心をもって他者の学びを自分ごとにしていく姿勢が立派でした。

厚岸中学校の第2学年の皆さん、ありがとうございました。多くのことを学ばせていただきました。発表会に参加した児童の様子を写真で紹介します。

  

 

  

 

  

 

令和元年10月27日(日) 延期していた学芸会を無事に終えることができました!

予定を1週間延ばして行った学芸会が無事に終わりました。開演中の挨拶でもお話しさせていただきましたが、学校閉鎖(6日間)後の登校は、子ども達にとって大きな不安となったことでしょう。「台詞を忘れていないか、ちゃんと演奏できるか・・・」しかし、保護者の皆様のご理解とご協力もあって本日の学芸会はインフルエンザで欠席していた児童も無事登校し、最高の発表となりました。本当に皆様に感謝します。また、開演中のマナーにもご配慮していただき、大きなトラブルもなく終えることができました。重ねてお礼申し上げます。

それでは、詳しくは学級通信で紹介されますが、写真を掲載します。

<第1学年 ASSYO☆オリンピック☆2019>

  

<第2学年 アリとキリギリスと2年生>

  

<STAND BY ME どらえもん>

  

<第4学年 どろぼう学校>

  

<金管バンド同好会 みんなでパプリカ!>

  

<第5学年 We are super 5 grade!!>

  

<第6学年 きつねは誰だ!>

  

<全校合唱 大切なもの>

  

 

学芸会の最後は、児童会の挨拶でした。

代表児童は、学芸会を通して「みんなで力を合わせて、1つのものを作り上げること。練習して努力して自分の今を越えていき、殻を破り、成長していくこと。」この2つを学んだと振り返っていました。

 

令和元年10月24日(木)

1週間ぶりに明日は、児童が登校します。学校閉鎖の期間中は、インフルエンザに感染した児童も増えることなく、落ち着いてきました。しかし、金曜日に登校し、また、土曜日の休日をはさみ、27日(日)は学芸会となります。児童にとっては気合を入れて発表した児童公開から10日後の一般公開になります。準備不足等による不安を抱えたままで発表させることになりますが、明日25日(金)の練習で整えられるよう先生方も準備しています。無責任な言い方になりますが、後は「子どもの力」を信じて、思いっきり表現できるよう指導します。27日(日)は、子ども達の精一杯の演技や演奏をお楽しみいただければ幸いです。よろしくお願いします。

2020年度に向けて、授業改善に努めています!

 本校では例えば、生き物をテーマに各教科の関連的な内容を同じ時期に指導することで、児童が学習した内容を活用したり、整理したりしながら主体的に学習できると考え、年間指導計画を見直しています。限られた勤務時間で話し合ったり、資料をまとめたりすることができないので、本日、時間を生み出して全教員で指導計画を作り直しました。

 

 

 

令和元年度「あっけし防災標語」の選考結果について

<佳作>

第6学年 石 崎 二 胡 さん「すぐにげて 家族のことは にげてから」

第5学年 久保田 夢 耀 さん「さいがい時 大切なのは 助け合い」

※入選作品の発表につきましては、町生涯学習情報誌「LL TIMES」等で周知されます。

社会を明るくする運動標語入選作品の決定について

<いじめ・非行防止部門>

優秀賞 第6学年 丹 羽 晃 悠 さん「悩まずに SNSより SOS」

入 選 第6学年 西 口 伸太郎 さん「いじめの場 見て見ぬふりも いじめてる」

<交通安全部門>

入 選 第6学年 坂 井 太 一 さん「スマホ見る その行動で 事故招く」

佳 作 第5学年 山 本 澪 音 さん「あぶないよ あなたのよそみ 事故まねく」

※優秀賞については、令和元年11月14日(木)16時より町役場2階庁議室にて表彰式を行う予定です。

 

令和元年10月17日(木)

認め合う場の一つとなる学芸会

これからの社会では、目の前の事象や課題などに対して主体的で協働的なかかわりを通して解決していける人材が求められています。目的が明確で、具体的な目標をもっていれば主体的な活動ができる。そして、一人一人が主体性を発揮し、他者との折り合いを付けながら協働する活動を通して成長する。このような学芸会となるよう、本校では互いの学年発表に対して認め合う振り返り「きらりカード」に取り組んでいます。20日の本番では、ぜひ、児童玄関前に掲示している「きらりカード」も一読していただければ幸いです。よろしくお願いします。

 

栄養のバランスを考えた食事を心がけましょう!

今月に入ってから保健委員会が朝食調べや栄養を考える掲示物を児童玄関に設定しました。子ども達の意識や頑張りだけでは、なかなか食事改善を図ることはできません。ぜひ、保護者の皆様、ご協力願います。

 

令和元年10月16日(水) 星のようにかがやいた児童公開

本日は、残念ながら全校児童は揃いませんでしたが、無事に児童公開が終わりました。子ども達は、学芸会特別時間割に入る前から少しずつ練習を重ねてきました。本日は、その成果が十分に発揮されました。児童公開を観覧していただいた厚岸保育所の年長児と年中児の皆さんや子夢希児童館の先生方もありがとうございました。また、PTA広報部の写真撮影に来校していただいた保護者の皆様もお忙しい中、ありがとうございました。今日の発表をしっかり振り返り、今週末の日曜日(20日)には、最高の発表を見ていただけるよう、後、2日しっかり仕上げていきます。

第1学年 ASSYO☆オリンピック☆2019の様子

第2学年 アリとキリギリスと2年生の様子

第3学年 STAND BY ME ドラえもんの様子

第4学年 どろぼう学校の様子

金管バンド同好会 みんなでパプリカ!の様子

第5学年 We are super 5 grade!の様子

第6学年 きつねは誰だ!の様子

令和元年10月15日(火) 児童公開前日の仕上げ

いよいよ明日は、児童公開の日となりました。子ども達は、今まで取り組んできた練習の成果と、日ごろの学習で身に付けた力を発揮し、最後まで自分の役割を演じ、責任をもって分担の仕事に取り組みます。

120名が一人一人の役割を果たすからこそ、全員が星のようにかがやけるのです。参加する児童にとっても、ご参観していただく皆さんにとっても最高の学芸会になるよう、最後の練習にしっかり取り組みます。

本日、最後の全校練習の様子を紹介します。

 

 

 

令和元年10月12日(金) 児童係も仕上げの最終確認

今日は、今年度最後の土曜授業でした。子ども達は、来週の児童発表(10月16日)と一般公開日(10月20日)に向けて本日も時間を有効に使いながら練習に取り組んでいました。また、3時間目終了後は、児童係の最終確認を行いました。楽器の舞台配置の確認や、放送原稿を読んだり、照明のタイミングを確認したりするなど、担当の先生の支援を受けながら主体的に取り組んでいました。

子ども達の疲れも溜まっており、校内では兄弟・姉妹関係で手足口病も流行っています。また、今週末は、台風19号の影響で天気が荒れますので、出かけることはやめて、しっかり身体を休ませてください。

令和元年10月10日(木) 学芸会を支える児童係

子ども達一人一人が星のようにかがやく学芸会は、練習を頑張って成功させるだけでは達成できません。学芸会を成功させるために必要なことがもう一つあります。それは児童係です。本校でも4年生以上の児童がそれぞれの係に分かれて裏方として学芸会の発表を支えます。ポスターを描いて貼りだす児童、発表内容を紹介する児童、舞台道具や楽器を運んだり片付けたりする児童など、子ども達は学芸会を成功させるために自覚と責任をもって取り組んでいます。

令和元年10月8日(火) 120名の心と歌声を一つにして!

本校の学芸会は、学年ごとに劇(偶数学年)と器楽(奇数学年)が割振られています。それぞれの発表も楽しみですが、実は全校合唱も迫力のある歌声と美しいハーモニーが素敵です。朝会の中に全校練習を計画的に取り入れながら練習しています。本日は、全体の配列と入退場を確認しました。ぜひ、一般公開の日は歌声だけでなく、子ども達の入退場にも注目してください。全校合唱は、演目の最後に発表します。

令和元年10月7日(月) 身振り手振りで表現しよう!

学芸会まで後、2週間となりました。音楽発表の学年では演奏を合わせ、聞かせる工夫を始めました。また、演奏だけでなく、様々なパフォーマンスを工夫しています。一方、劇発表の学年では劇の台本を暗記し、台詞の前後の動きも合わせて工夫しています。今日は、6年生の練習風景を見せていただきましたが、台詞をはっきり言う、言い方を工夫するなど、子ども達一人一人が考えて取り組んでいます。20日(日)の一般公開がお楽しみです。

令和元年10月2日(水) 家庭教育学級における情報交流!

本日は、お疲れのところ、10名の保護者の方々にご足労いただき、教職員と合わせて22名で「放課後の児童の過ごし方」について意見を交換することができました。参加された人数こそ少なかったですが、各ご家庭での取組やルール作りを知ることができ、貴重な時間となりました。ありがとうございました。今後、全校で共有したい内容については、学校便りでも触れていきますが、本HPでも一部を紹介させていただきます。

・遊ぶ場所が少ないという意見があり、小学校のグラウンドを解放できないか?

・インターネット上の人間関係をどこまで自由にさせるか?

・放課後だけでなく、休日の過ごし方(イベント)も含めてお金の使い方を考えたい。

・フォートナイトも含めたオンラインゲームについてのルール作りを話したい。

令和元年10月1日(火) けじめのある学芸会

学芸会の特別時間割が始まり、各学年では体育館を使った練習が始まりました。この時期、練習に力が入り過ぎて授業中に集中できない子どもが増えてしまいますが、子ども達は集中して、友達と学び合いながら授業に取り組んでいます。今日はその様子を紹介します。

今月のめあては、「時間を大切にしよう」です。

本日の全校朝会で生活スマイル委員会から全校児童に向けて10月のめあてについて説明がありました。10月は学芸会練習が始まり、忙しくなりますが、メリハリをつけて時間を意識した行動ができるよう声掛けをしていきます。委員会発表の後は、全校合唱の練習を行いました。歌声が揃ってきました。10月20日の発表を楽しみにしていてください。

  

10月は、ハロウイン仕様です。

学校図書館の壁面がハロウインに変わりました。学校図書館司書の力はすごいです。読書離れが目立っていた本校児童も図書館に足を運ぶ子どもが増え、本を手に取るようになりました。「読書の秋」です。好きな本を、少しずつ読んでいきましょう。

  

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////9月の活動

令和元年9月30日(月)学芸会特別時間割が始まりました!

10月20日(日)の一般公開に向けて、今日から学芸会の特別時間割が始まりました。すでに劇の台詞を全員分覚えていたり、楽譜を暗譜していたりする子どもがいるなど、子ども達も気合十分です。台詞も楽譜も覚えて終わりではなく、自分なりにどのように表現するか、そこまで出来れば素晴らしいです。子ども達が安全に安心して思う存分表現できるように、会場設営も入念に点検しながら行いました。さぁ、保護者の皆様、20日(日)の発表を楽しみにしていてください。

令和元年9月28日(土)子夢希児童館子どもまつりを参観してきました!

本校児童が放課後、いつもお世話になっている学校前の児童館で、今日、子どもまつりが開催されていたので、発表を見学させていただきました。子どもまつりは、実行委員会を編成し、子ども達の力で作り上げています。アトラクションとして一輪車カラフルやコマ・剣玉など児童館遊びの発表もありました。午後からは、一輪車スマイルやバトンクラブ、一輪車ハピネスの発表がありました。子ども達の技術の高さや演技力に感動しました。児童館の職員の皆様、いつもありがとうございます。また、今日までの準備、お疲れ様でした。

  

 

  

 

  

令和元年9月27日(金)調べてことをクイズにしたよ!

1年生の国語で「だれが,たべたのでしょう」という学習があります。子ども達は、気になる動物の特徴を調べ、身体の一部を提示し、動物の名前を当てるクイズを作りました。早速、クイズを作った1年生が考聴室に来ました。

「これは、何でしょう?」と言って写真を見せて問題を出し、答えた後、動物の説明をします。子ども達は、気になった動物の資料を学校図書館司書に相談しながら見つけ出し、その本の中から必要な情報を選択して答えを考えました。情報活用能力や選択する力は今後、生きていく上で大切な力となります。

令和元年9月24日(火)

学芸会に向けて、気持ちを一つに!

10月20日に開催される学芸会に向けて各学年では準備や練習が始まっています。今日の全校朝会では、児童会から学芸会のスローガンが発表されました。今年のスローガンは「星のようにかがやけ~最高にステキな学芸会~」です。一人一人が自覚と責任感をもって役割を達成し、120名の力で学芸会を成功させましょう。

「しっかり朝ごはん、食べてますか?」

保健委員会では、全校児童の朝ごはん調べを始めました。「早寝・早起き・朝ごはん」忙しい朝ではありますが、バランスのよい朝ごはんを食べるよう心がけましょう。

走れ、走れ 全校おにごっこ!

秋晴れのもと、中休みにスポーツ委員会が企画した全校おにごっこに取り組みました。この企画も体力づくりの一環です。子ども達は、遊びながら徐々に体力の向上を図っていきます。さぁー走れ、走れ

令和元年9月20日(金)

<最後のトイレ休憩を終えて>

いよいよ修学旅行も終わりに近づいています。あっという間の二日間でした。子ども達は、疲れも見せず、最後まで張り切っています。運転手さん、ガイドさん、添乗員さん、二日間ありがとうございました。

 

保護者の皆様、到着は予定どおりです。お迎えをよろしくお願いします。

<美味しくいただきました>

いよいよ修学旅行の最後となりました。お昼ご飯もバイキングです。今回の修学旅行の食事は、一日目のエコロジーパークで食べたお弁当以外は、全てバイキングでした。バイキングのねらいは、自己コントロールです。考えながら、自己判断して迷惑を掛けない食事が出来るか?また、偏食しないで、バランス良く食べることが出来るか?子ども達は、しっかり考えて食事していました。

           

これから厚岸小学校に向けて出発します。

<最後の活動は、自主研修>

帯広百年記念館から出発し、それぞれのミッションを探しに散策が始まりました。子ども達は、助け合いながらミッションを解決しました。

      

これからお昼ご飯のお店に向かいます。

<自分だけのクッキー>

二日目の最初の活動は、クッキー作りです。子ども達の中には、普段からクッキー作っている子もいました。手際よく生地を伸ばし、型を抜き、飾りを付けました。片付けも手際よく行い、ゆとりをもって次の自主研修に向かってます。

            

<しっかり食べて、エネルギー満タン>

朝の軽い運動のおかげで、お腹がすきました。しっかり食べて充電しましょう。

    

<爽やかに目覚める>

6時30分から活動開始しました。体調を崩す子どもは、いません。今日は最終日です。幕別は、朝から気温が上がり始めました。朝の体操、そしてダンス!

     

令和元年9月19日(木)

<明日に向けて>

各班のリーダーが集まって就寝までにすることと、明朝の動きを確認しました。続いて自主研修のリーダーが集まり、担当の引率者と最終確認を行いました。最後に保健係が体調不良を訴えている友達を報告しました。概ね元気で、緊急対応する子どもはいません。しっかり寝て、明日も楽しみましょう。

  

<サプライズ 激励会>

明日から東京武道館のマルちゃん杯柔道全国大会に出場する選手を全員で見送りました。仲間から激励の言葉を受けて、晴れ晴れとした顔で出発しました。修学旅行に最後まで参加できないことは辛いですが、日頃の練習の成果を発揮し、ベストを尽くしてほしいです。

 

<本日、最後のイベント>

「どうすれば、楽しめるか?」ただそれだけを考えて、夜のレクリエーションの内容を考えました。全員が参加して、分け隔てなく楽しむためには・・・・

結果、時間が足りないくらい盛り上がりました。本気で楽しめる素敵な学級です。

         

<十勝の恵みをいただきます!>

子ども達が楽しみにしていたバイキング。十勝ならではの料理がたくさんありました。さして、さすがスイーツ王国ですね。デザートも盛りだくさんでした。子ども達は、バランスを考えながら料理を盛り付けていました。

        

<自由時間を利用して>

夕食までまとまった時間が出来たので、少し早めに買い物やホテル内での自由行動を楽しみました。友達と相談しながら家族や知り合いへのお土産を選んだり、クラシックカーに乗ったりするなど、ゆったり過ごしました。

<ホテルでの生活を確かめる>

予定より早くグランヴィリオホテルに到着しました。ロビーで挨拶をした後、早速、班長会議と保健係会議が行われ、先生から確認等がありました。真剣な表情で話を聞いている姿が立派でした。

<十勝川下り>

3つのグループに分かれてラフティングに挑戦しました。川の流れに委せて、回転したり、ジャンプしたりして冒険気分を味わいました。インストラクターの方々、ありがとうございました。

申し訳ありませんが、安全第一でしたので写真はありません。

<エコロジーパーク>

エコロジーパークに到着して、お弁当を食べました。そして、ふわふわドームで弾けています。

<いよいよ修学旅行が始まります!

快晴の中、朝からたくさんの保護者の皆様にお見送りしていただき、ありがとうございました。元気に22名が学校を出発しました。

令和元年9月17日(火)

図書館の充実を目指して

本校の学校図書館を充実させるために、別海町の先進校の取組を参考にさせていただきました。子どもが手に取れるような図書の配置や興味をもって読書ができるような本の表面を出した展示など、視察した内容を生かしながら本校の学校図書館司書が工夫しています。1学期に比べて、少しずつ学校図書館を利用する子どもも増えてきました。これからも学校図書館が子ども達の学びの場として活用できるよう努めてまいります。

第5学年 総合的な学習の時間~高齢者の歩行体験を通して学ぶ

本校の第5学年は、社会福祉協議会の職員の方々に協力していただきながら、総合的な学習の時間で福祉について1年間を通して学習しています。本日は、高齢者の歩きずらさや見えずらさなどを体験するために身体に装具を付けて校内を歩いてみました。子ども達は、「歩きずらくて怖い。」「視界が狭くて不安になる。」など、感想を呟きながら体験していました。装具を付けてもふざけず、全児童が真剣に取り組んでいました。福祉教育で一番育てたい力は「想像する・共感する・行動する」です。これからの5年生に期待しています。

 

令和元年9月13日(金)

みんなで協力して、心に残る宿泊研修にしよう!part2

<夕食>

みんなで協力して作ったカレーと、火加減を調整しながら炊いた釜のご飯の味は、どうだったでしょうか?力を合わせて目的を達成する経験は、これからの学校生活でも社会人になってからも生かされていきます。カレーライスの味と一緒に協働する大切さも忘れないでください。

<ファイヤーストーム>

人間が火を手に入れ、操れるようになったことで文明が発展してきました。火の力に感謝し、火の怖さを理解し、これからも産業・文明は発展するでしょう。ファイヤーストームは、そんな人間が大切にしなければならない気持ちをはぐくむイベントです。火の神からいただいた火を囲んで、26人全員で盛り上がりました。

体調を崩す子どもも出ず、26名が元気に朝を迎えました。この後、部屋の片付けをしてからカヌー体験に向かいます。

<カヌー体験>

宿泊研修の最終日。最後の活動は、1日目に天候不良で出来なかったカヌー体験です。研修で培ってきたチームワーク、協働的活動の成果を発揮するには最高の活動です。子ども達は、講師の方の話をしっかり聞いて、安全に操作する方法を学び、厚岸湖に漕ぎ出していきました。あっという間の2日間でしたが、子ども達は、自分達の力で最後までやり遂げました。大きな怪我や事故、病気もなく元気に26名が帰校でき、安心しました。

令和元年9月12日(木)

みんなで協力して、心に残る宿泊研修にしよう!

昨夜からの雨が残ってしまいましたが、この後、天気は回復していく予定です。天候に合わせて活動内容を変更しながら子ども達が自然環境や公共施設の中で様々な体験ができるよう調整していきます。今後は、現地から送られてくる写真を順次掲載していきますので、お時間のある時に見ていただければ幸いです。

<出発式>

予定を変更して、玄関ホールで行いました。子ども達は、次の活動「ネイチャーゲーム」のために雨具を着てから出発式を行いました。「自分達の力で作り上げる宿泊研修」をめざして、26名の5年生が出発しました。

<ネイチャーゲーム>

せっかくのネイパル厚岸だから、普段できない活動をしたい!今年は、活動メニューにネイチャーゲームをたくさん入れました。天気は味方してくれませんでしたが、どんな天候の中でも楽しめるのネイチャーゲームです。子ども達は、豊かな自然環境の中で充実した活動ができました。

<川のはたらきinネイパル厚岸>

5年生の理科の学習で「流れる水のはたらき」という内容があります。今までは理科室や校庭で実験を行っていましたが、今年度からネイパル厚岸でダイナミックな実験を行い、学習することにしました。子ども達は、いつも通り、根拠を基にしなが結果の予想を考え、実験を行いました。

<火起こし体験>

原始人がどのようにして火を手に入れていたのか、この疑問には様々な説があります。ネイパル厚岸では、その方法を一つである摩擦熱を使った火起こしが体験できます。本校の子ども達も火起こし体験を行いました。この火起こしは、力がいるだけでなく、役割分担や連携などのチームワークも大切です。子ども達は、どうすれば早く火を起こすことができるか仲間と考えながら全グループが無事に火を起こすことができました。

<野外炊飯>

いよいよ夕飯作りです。メニューはカレーライスです。ご飯は、釜で炊きます。カレーは、キャンプの定番ですが、子ども達の力だけで作り上げることは、初めてかもしれません。各班ごとに役割を分担して、炭を使ってご飯とカレーを作っています。美味しくできたかどうかは、子ども達が帰宅した時、是非、聞いてみてください。どんな味でも野外炊飯の味は格別です。食事の様子と今後の活動については、明日、掲載します。

令和元年9月11日(水)

海の作品展で入賞!

 

 

 

 

 

 

夏休みの作品作りで取り組んだ児童の作品を「海の作品展」に出展しました。

出展した作品の中から入賞した児童がいましたので、作品を紹介します。

※釧路新聞でも報道されましたが、9月23日(月)まで展示されています。

 

第2学年 田中 偉知朗 君

第3学年 日向 由唯 さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境教育の充実を目指して

本日の研修の時間を使って、厚岸小学校の環境教育について考えました。ご存知のとおり、厚岸町の基幹産業は水産業であり、酪農業であります。これらの産業を守り、発展させていくためには、地域の自然環境を大切にする気持ちや態度を養わなければなりません。そこで、本校では国語や社会、算数などの教科で教えることができる環境教育の材料を探して、1年間でどのように教えていけばいいか考えました。地域の環境を守っていく大人を育てるために、小学校の段階から何をやっていけばいいか検証していきます。

 

 

  

令和元年9月10日(火)

湖南地区コミニティ・スクールだよりを発行しました!

8月28日(水)に開催された今年度2回目の湖南地区学校運営協議会の内容をまとめたお便りを発行しました。今回の協議会では小学校・中学校いずれもが1学期末に行った学校評価を受けての分析を説明し、それを基にして協議が進められました。

詳しくは、右のPDFデータをご覧願います。コミスク通信№2

 

どさんこ元気アップチャレンジ~なわとびに挑戦!~

本校では、体力づくりの一環として縄跳びに取り組んでいます。本日も全校朝会で「どさんこ元気アップチャレンジ」を行い、2分間の前跳びに挑戦しました。学年ごとに跳び、低学年の回数を高学年が数え、高学年は自分で回数を数えて記録しました。この取組が子どたちの体力向上のきかっけになれば幸いです。縄跳びは、手軽な運動なので、是非、各ご家庭でも声掛けしていただき、一緒に挑戦してみていただけないでしょうか。

    

令和元年9月5日(木)

職場のピアを高めよう!

昨日の放課後、スクールカウンセラーの先生にご来校いただき、カウンセリングのポイントに関する講話と演習を行いました。講話では、子ども同士のピア(助け合い)を高めること、子ども同士のつながり・関係性を構築することがこれからの協働を重んじる社会には必要であることを改めて学びました。また、演習ではバースディチェーンでグループを作り、「ジョハリの窓」という構成的エンカウンターを行いました。自分が知っている自分と、自分が知らない自分、他人が気付いている自分などに気付いていく演習でした。スクールカウンセラーの先生、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

どんどん進化する学校図書館!

本校に勤務する学校司書のおかげで、2学期に入ってから学校図書館がどんどん進化しています。以前は、壊れた本やカビ臭い本が本棚の高い場所に並んでいましたが、今では図書館が明るくなり、傷んだ本は図書委員会の児童と学校司書が協力しながら修正しています。また、公務補さんの協力もあってカビ臭いをどんどん片付けて、スペースを生み出し、本の表紙を出す「面出し」で児童の興味を喚起しています。まだまだ進化する図書館にぜひ、足を運んでいただければ幸いです。

 

 

 

 

教科との連携を図った防災教育~社会の授業と合同避難訓練~

9月2日に行った保小中合同避難訓練で感じたことも合わせながら、今、第4学年の総合的な学習の時間で防災マップを作っています。この学習には社会科の「安全な暮らし」の学習も関係しています。このように小学校では、関係のある学習内容が連続して学習できるよう工夫しています。

 

階段ジム、第2弾~2階まで登れば―2.2kcal

階段ジムの第2弾が完成しました。今度は、燃焼カロリーを表示した本格的なジムです。調べてみたら平均で階段を1段上がれば0.1kcal消費できるようです。普段の生活の中でダイエットと体力向上を目指して取り組みましょう。

 

 

令和元年9月4日(水)階段スペースを活用したフィットネス「階段ジム」第1弾!

本校では、前期の学校評価で課題となった体力向上に関する取組の1つとして階段スペースを活用した運動「階段ジム」に取り組んでいます。地下鉄や商業スペースの階段に燃焼カロリーや声掛けが表示されています。これをヒントに学校生活では当たり前のように階段を使って1階から2階、そして3階へと移動します。一日に何度も階段は利用するので、段数を意識させようと考え、「アイヌ語」「ロシア語」「韓国語」の数字を表示しました。子ども達は、早速、数えながら階段を上っています。表示は22段までなので、その続きや他の言葉を自主的に調べるような活動が広がったら楽しいです。是非、保護者の皆さんもご来校の際は、階段を数えながら登っていただければ幸いです。よろしくお願いします。

令和元年9月3日(火)厚岸町小学生体力測定競技会を行いました!

本日は、炎天下の中、町内3校の小学生255名が厚岸小学校に集まり、50m走・立ち幅跳び・ソフトボール投げ・20mシャトルランの4種目に取り組みました。各学校では、7月の体力テストでこの4種目に取り組んでいるので、どれくらい記録が伸びたかが楽しみです。競技会では、新記録も出ました。今後も本日の競技会がきっかけとなって、体力づくりや健康の保持増進に取り組めれば幸いです。

令和元年9月2日(月)保小中合同避難訓練を行いました!

災害が発生した時、落ち着いて自らの判断で安全に避難する能力や態度を身に付けるとともに、自己の身を守るため、日ごろからの防災意識を高めるために本日、午前10時より厚岸保育所・厚岸小学校・厚岸中学校の合同避難訓練を行いました。また、子ども達の避難する様子を役場の危機対策室の方や教育委員会管理課の方、梅香自治会の役員の方々に見ていただきました。

子ども達は、真剣な表情で避難するだけでなく、桜通り高台横避難所に逃げた後、速やかに整列していました。一番奥の場所に避難する中学生の行動が速かったので、幼児や小学生がスムーズに集合できました。

 

   

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////8月の活動

令和元年8月29日(木)第2回学校運営協議会を開催しました!

昨日、本校を会場に第2回学校運営協議会を開催しました。13名の運営員の方々にご参加いただき、小・中学校の前期学校評価の結果等の説明を行いました。評価結果では、小・中学校ともに保護者の関心は、家庭学習と体力向上にありました。また、情報端末機器の取扱いについても話題になりました。無料通信アプリ「LENE」等におけるトラブルの回避には、保護者の協力が不可欠です。これからも学校の取組にご理解ご協力願います。

なお、学力や体力については、小・中学校がそれぞれで取り組むのではなく、9年間のつながりの中で育てていかなければならないと考えています。今後も一層の小中連携に努めます。

 

令和元年8月27日(火)学校図書館の充実を目指して!

今までは、利用する子どもも少なかった本校の図書館ですが、学校司書が配置されてから図書館に子ども達が集まるようになりました。子ども達は、学校司書とのかかわりを通して本の魅力に触れたり、図書館の運営に関わったりしています。

<図書委員会の様子>

とりわけ、図書委員会の子ども達は、活動が予定されている時間だけでなく、普段から時間を見つけては学校司書のお手伝いに集まっています。学校司書が配置されたことで、人が集まる図書館に生まれ変わりつつあります。これからももっともっと図書の魅力を発信していきます。

 

令和元年8月26日(月)

地域の力を借りて実現する教育活動

学校では、子ども達がこれからの時代を生きていくために必要な力を身に付けさせるために様々な工夫をしながら日々の学習活動を行っています。先週の土曜日(24日)に行った地域参観日で観ていただいた授業もその1つです。

1年生では、本校の養護教諭が生活習慣について授業しました。生活リズムチェックシートを使って一人一人の睡眠時間や食事について振り返りました。2年生では、学校歯科医の中村先生を講師に招き、歯の大切さや歯磨きの仕方について教えていただきました。3年生では釧路ヤクルトの栄養士の方を講師に招き、生活リズムチェックシートに基づいた食育の授業を行っていただきました。

第1学年の様子

第2学年の様子

第3学年の様子

 

 

 

 

 

4年生では、厚岸町役場環境政策課廃棄物対策係の職員の方々を講師に招き、ゴミの分別について学習しました。ゴミの分別は日常生活におきても大切な内容です。5年生では、保健福祉総合センター「あみか21」の保健師の方にご来校いただき、性に関する授業を行っていただきました。6年生では、厚岸町役場総務課危機対策係の職員の方々を講師に招き、避難所運営シュミレーション(Do HUG)を行いました。本校は、町の避難所の1つです。運営者の立場で避難所を見直すきっかけになりました。

第4学年の様子

第5学年の様子

第6学年の様子

 

 

 

 

 

この日は、土曜日開催ということもあって、たくさんの保護者の方々や地域の方々にご来校いただき、子ども達の様子を見ていただきました。ありがとうございました。

親子清掃~学校がさらに綺麗になりました!

授業を参観していただいた後、保護者の皆様のお力をお借りして、普段は掃除できない教室やトイレの掃除を行いました。保護者の方々が協力していただいたおかげで、学校がさらに綺麗になりました。ありがとうございました。

トイレ掃除の様子

母親の力を借りて

床を磨き上げる

 

 

 

 

 

令和元年8月23日(金)

授業における目的意識をもたせる工夫

本校では、目的意識をもって主体的に学ぶ子どもの育成を目指し、「なぜ、今、話し合うのか?」「どんなふうに話し合えばいいのか?」を考えさせながら授業を行っています。次に紹介する3つの学年では、意図的で効果的な話合い活動や追究活動を行っていました。

まず、1年生では「友達の話を大切に最後まで聞く」ことを意識させるために体を向けて話を聞かせています。また、ペアで伝え合う時間を確保し、新たな発見ができる場を設けています。続いて、4年生では複数のグループで自分の考えを伝え、友達の意見を聞く時間を確保し、練り合う経験をさせる場を設けています。最後に5年生では、人数や男女の均等なグループではなく、自分が実験してみたい条件ごとに人が集まって追究する「課題別グループ学習」を行っていました。

 

学校図書館が動きはじめました!

以前にもお知らせしたとおり、本校では8月1日から学校図書館司書を配置していただき、早速、絵本の読み聞かせがはじまりました。今後も司書さんの専門性を先生方のアイディアで教育活動に生かしていきます。

 

令和元年8月21日(水)2学期が始まりました!

残念ながら全校児童は揃いませんでしたが、本校では昨日から88日間の2学期が始まりました。2学期は、修学旅行や宿泊研修、学芸会などたくさんの行事があります。今から子ども達の活躍が楽しみです。

さて、昨日の始業式では2名の新しい先生を紹介しました。一人は学校図書館司書の余西さんです。余西さんは、本校の図書館で子ども達に本の紹介や貸出しをしたり、読み聞かせをしたりする仕事をします。もう一人はスクールカウンセラーの佐々木さんです。佐々木さんは、時々しか学校に来ませんが、子どもや先生たちの悩み・困っていることの相談に乗ってくれます。これからもよろしくお願いします。

  

また、本日から児童玄関前で「夏休み作品展」を行っています。作品展は8月27日(火)まで開催していますので、ぜひご来校いただき、子ども達の作品をご覧いただければ幸いです。お待ちしております。

   

 

令和元年8月19日(月)2020年度に向けて、今からできること

7月26日から始まった夏休みを今日で終わります。休み中、子ども達の大きな事故や病気の連絡もなく、それぞれが各ご家庭で充実した時間を過ごしているのではないかとホッとしています。このような中、先生達は来る2020年度に向けて小学校で教える学習内容を整理し、関連付けながら子ども達にどのように教えたらよいか話し合っています。本日は、その話合いの1つである「社会の変化と求められる学び」について考えました。

    

本校の先生達は、授業をしたり、子どもと接したりする中、少しでも「学びのつながり」が子ども達の中に生まれるよう教育活動や授業を変えていこうと努力しています。

 

令和元年8月6日(火)本校にも学校司書がやってきました!

厚岸町教育委員会のご配慮で学校司書が配置されました。本町では真龍小学校に続いて2校目となります。早速、余西司書の精力的な取組で本校の図書館は、変わりつつあります。

※司書が配置されると、図書室が「図書館」と名称が変わるそうです。

 

本来、図書館は子どもにとって利用しやすく安全な空間であるとともに、必要な情報が自分の力で探せる場所でなければなりません。カビ臭い、日焼した本が並んでいる図書館は、安全で調べたいと思える場所とは言えません。今後もどんどん余西司書の知識とアイディアでリニューアルしてほしいです。

 

余西司書については、正式に8月20日(火)の始業式、そして、30日に発行する学校だよりで紹介します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////7月の活動

令和元年7月29日(月)子どもの命を守る防犯訓練の実施

本校では、夏季休業を利用して防犯訓練を行っています。今年度は、厚岸警察署の方にご協力いただき、先週の金曜日に実施しました。前半はさすまたの効果的な使い方や不審者の対応について研修しました。後半は、警察の方が不審者役となり、実際に玄関での対応や児童の誘導を行いました。今回の研修を通して避難経路の工夫や教室の配置など警察の方からいただいた助言を基に、本校の危機管理マニュアルを見直し、改善していきます。

令和元年7月26日(金)パワーアップ学習、1日目!                                                                                                        本校では、長期休業を利用して児童の学力向上に取り組んでいます。内容については学習の振り返りや応用問題への挑戦など、児童の実態に応じた課題を準備しています。学習形態は個別指導や少人数指導、グループ学習など、学習内容に合わせて設定しています。子ども達は、集中して次から次へと問題を解いていました。

パワーアップ学習は、来週29日も行います。

 

令和元年7月25日(木)1学期終業式

74日間の1学期が今日で終わります。諸事情で全校児童は揃いませんでしたが、1時間目に体育館で終業式を行いました。はじめに、元気でのびやかな歌声で校歌を歌いました。

続いて、校長が7月に行った児童アンケートに基づいた講話を行いました。夏休みの約束についても話しました。講話で使用した資料を掲載しております。下の「1学期終業式の講話資料」をクリックしていただければ閲覧できます。

1学期終業式の講話資料

最後に児童会副会長が1学期を振り返って挨拶をしました。「ノー原稿」で聞いている子ども達の顔をしっかり見て堂々と話をしました。とても上手な話し方でした。

夏休みは、7月26日(金)から8月19日(月)までの25日間です。子ども達の事故やけが、病気が無いことを祈念しております。8月20日(火)には元気に再会できることを楽しみにしています。

 

令和元年7月23日(火)今学期、最後のランランディ

朝からどんよりとした雲が広がり、蒸し暑い日となりましたが、子ども達は、今学期最後の体力作り「ランランディ」に取り組みました。本校では、昨年度の学校評価で意見の多かった体力作りに取り組んできました。休み時間になると、児童玄関からグラウンドに走り出していく子ども達の姿からいつも元気をもらいます。子ども達は、「校長先生、今日は2周走ります!」「もう富士山まで行きました!」「あと少しで、3周目が終わります。」と口々に自分の頑張りや目標を話に来ます。自分の目標をもって、最後まで諦めないで挑戦する子ども達、素晴らしいです。

今日も3枚目のランランカードに突入した子どもがいました。高学年は設定レベルが高いので、1学期が終わる今、達成することは快挙です!素晴らしいです。

令和元年7月19日(金)興味のある活動を異学年で取り組む~クラブ活動~

今日は、第2回目のクラブ活動を行いました。前回、計画を立て、今回から実際に活動が始まります。ダンスクラブではお手本のダンスに合わせて振付の確認をしていました。球技クラブは、試合形式でフットサルに取り組んでいました。その隣では、バトミントンクラブが対戦形式で試合を行っています。低学年のコモンスペースでは、卓球クラブが試合とチャレンジランキングに取り組んでいました。

運動クラブ以外の活動は、体育室で茶道クラブがお茶菓子のとり方を学んでいました。また、児童玄関前では、強風を利用して実験クラブがシャボン玉の秘密について調べていました。

1学期も残すところ4日となりました。このまま子ども達の大きな事故や病気がなく、最後まで元気に登校できることを祈っております。

 

令和元年7月12日(金)陸に水中に体力づくり!

1学期も後、2週間となりました。子ども達は、日々、体力向上に取り組んでいます。先日は、始まったばかりの水泳学習の見学をさせていただきました。低学年は、まず水に慣れることが先決です。鼻をつまんだり、友達と手をつないだりしながら安心できる環境で挑戦していきます。見学した時は、プールの底にあるブロックを拾う遊びを通して水中に潜る練習をしていました。

また、休み時間にはランランデイやランランウィークに取り組んできました。今日は久しぶりに1枚目30周をクリアした児童が考聴室に来ました。「次は、60周だね。頑張って!」と声を掛けると、「はい。頑張ります。」といって元気に返事をしました。目標をもって取り組むことができる子どもには、やり抜く力が身に付いていきます。

  

 

令和元年7月10日(水)仲良く、楽しく給食交流会!

本校では、年間2回、縦割り班による給食交流会を行っています。本日は、その第1回目で縦割り班ごとに各教室に集まり、6年生が決めた話題について交流しながら給食を楽しく食べます。普段の給食と違って、異学年の友達と一緒に給食を食べることで新たなよさを発見することができます。また、どの班も6年生が中心となり、準備したり、下学年を誘いに行ったりするなど、責任をもって取り組んでいました。

       

 

令和元年7月9日(火)

全校朝会 読書は脳の栄養素!

全校朝会で図書委員会から夏休みに向けて読書の呼び掛けがありました。今年の夏休みは、全校でブックビンゴに取り組みます。ビンゴできた人は、休み明けにシールがもらえるので、皆さんしっかり読書に取り組みましょう。また、図書委員会の子ども達から説明があった後、図書担当の先生から昨日、配布した「子どもが読書好きになるヒントBOOK」から読書が子どもの心を豊かにするお話がありました。ぜひ、保護者の皆様も夏休み、子どもと一緒に読書する時間をつくっていただければ幸いです。

  

全校合唱「大切なもの」が始まる!

今年度の学芸会及び卒業式の全校合唱は、「大切なもの」です。学校では、今から各学級で練習した成果を、全校朝会などの場で交流し、全校119名の歌声をつくっていきます。まずは、学芸会を楽しみにしていてください。

  

保健室からのお知らせ 熱中症を考えよう!

厚岸町では、昨日から急に気温が上がり、熱中症の対策が必要な日が続いています。本校の保健室では、子ども達に考えてほしい話題を適宜提示し、自分達の生活を見直すきっかけにしています。今回は、熱中症の特集を掲示し、どんな時に水分補給が必要か考える情報を提供しました。

 

 

令和元年7月5日(金)港まつりに花を添える市中大パレード~第5,6学年厚岸音頭~

本日から3日間、第63回港まつりが開催されます。市中大パレードの会場となった松葉通りには、厚岸町のゆるキャラ「うみえもん」も来ていました。

  

本校の第5,6学年も厚岸音頭に参加させていただきました。体育「表現」の授業で練習した成果を地域の方々に見ていただきました。市中大パレードに参加する大人の数が年々減っていると、観覧している方から話を伺いました。小・中学校で参加した子ども達が将来、港まつりを楽しみ、後世に伝えていく役割を果たしてくれたら幸いです。

   

 

令和元年7月4日(木)学期最後の参観日を終えて

昨日に引き続き、低学年の授業参観及び学級懇談会を行いました。本日もお忙しい中、たくさんの保護者の方々にご来校いただき、誠にありがとうございました。授業が始まる前に開催中の「ノート展覧会」を熱心に見られている保護者の方もいらっしゃいました。ありがとうございました。1年生では国語を公開し、「は・を・へ」を使った作文の交流を見ていただきました。2年生では音楽を公開し、リズム打ちの学習を見ていただきました。3年生では学級活動を公開し、学級レクレーションについての話合い活動を見ていただきました。また、今日も授業参観後は、各学級で懇談会を行い、1学期の子どもの成長等について説明させていただきました。

 

令和元年7月3日(水)

子どもの体力向上に向けて

本校では、昨日から3日間、学年ブロックに分かれて全学年で体力テストを行っています。種目は、握力・長座体前屈・反復横跳び・20mシャトルラン・50m走・立ち幅跳び・ソフトボール投げの8種目あります。今の小学生は柔軟性や持久力に課題が見られますが、本校の児童はどのような傾向にあるのか、この後、記録を集計し、分析した結果を踏まえ、体育の授業改善等に生かしていこうと考えています。今日、測定していた低学年の様子を紹介します。

     

 

友達のよさを発見しよう!ノート展覧会の開催

本校では、家庭学習や授業で使っている学習ノートの展覧会を児童玄関ホールで行っています。課題に基づいた考えや意見を書いたり、友達の意見をまとめたりするなど、学習ノートは、自分だけの振り返りツールです。是非、友達の学習ノートのよさを一つでも見つけ、自分のノート作りに生かしていきましょう。保護者の皆様も本日から始まる参観日の中で見ていただき、お子様への声掛けに役立てていただけらば幸いです。

  

 

お忙しい中、ご来校ありがとうございました!~高学年参観日の開催~

本日は、お忙しい中、1学期、最後の高学年参観日を開催したところ、たくさんの保護者の方々にご来校いただき、誠にありがとうございました。4年生では算数を公開し、少人数に分けたグループごとに授業する少人数指導を見ていただきました。5年生では社会を公開し、稲作について作業手順を調べてまとめる学習を見ていただきました。6年生では国語を公開し、自分流の「枕草子」を作って友達と交流する学習を見ていただきました。授業参観後は、各学級で懇談会を行い、1学期の子どもの成長等について説明させていただきました。

     

明日は、低学年の参観日となっております。お忙しい時期ではありますが、たくさんの保護者の方々のご来校をお待ちしております。

 

令和元年7月1日(月)港まつり市中大パレードに向けて

7月に入り、いよいよ今週末には第63回港まつりが開催されます。子ども達だけでなく、地域の方々も楽しみにしているお祭りです。また、湖南地区の市中大パレードは、7月5日(金)13時30分から行われます。パレードには、本校の第5,6学年児童も参加させていただきます。そのため、子ども達は体育の時間を使って厚岸音頭の練習に取り組んでいます。初めて、厚岸音頭の踊りを見ましたが、とても素敵な踊りでした。この踊りの輪が世代を超えて広がり、ふるさと厚岸のよりよい文化となることを祈念しています。

   

なお、連日、獅子舞の練習に参加している児童もいます。ついつい練習に熱が入り、十分な睡眠時間が確保できない日もあるかと思いますが、学校生活に支障が出ないよう保護者の皆様には、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////6月の活動

令和元年6月28日(金)湖南地区における特色ある教育活動~三校合同クリーン作戦~

本日は、天気も心配されましたが、午後から晴れ間が広がり、青空の下、湖南地区の特色ある教育活動の1つである「三校合同クリーン作戦」が行われました。厚岸小学校と厚岸中学校及び厚岸翔洋高等学校の児童生徒が一堂に会し、各コースに分かれて地域のゴミを拾いました。子ども達は、ゴミを拾いながら「煙草の吸殻がこんなに多いとは思わなかった!」「道路沿いのゴミが多いことが残念だ!」など、率直な感想を言ってました。また、おしゃべりをしないで最後まで黙々とゴミを拾う姿に感動しました。児童生徒の皆さん、ありがとうございました。

   

最後に代表の子ども達が感想を述べました。「大人達のポイ捨てをやめてほしい!」上に掲載した写真は、心無い大人の残念な行為です。「見つからなければいい」という考えが残念です。我々は、未来の厚岸町のことを真剣に考え、このような行為を減らしていくために教育の充実を図ります。

 

令和元年6月27日(木)子ども達の命を守るために!

本校では、学校運営上の危機管理の一環として、AEDを用いた心肺蘇生法の実技研修を行っています。昨日、釧路東部消防組合 厚岸消防署の消防司令の方にご来校いただき、心臓マッサージや人工呼吸、AEDの使い方などについてご指導いただきました。

研修内容については、養護教諭が中心となり、事前に保健体育部会の教職員が考えました。まずは、本校の緊急時対応のデモンストレーションを行い、参加職員で検証しました。意見としては、事故発見者の迅速な救急処置や当該児童のプライバシー、他の児童の対応など様々な意見が出されました。その後、4つのグループに分かれて、実際に心臓マッサージや人工呼吸を行ったり、AEDを動かしてみたりするなど、救急対応を確認しました。

今回の研修を生かして、「大切なお子様の命を守れる強い学校」を目指し、学校生活における子どもの安心安全を確保してまいります。

 

令和元年6月26日(水)北海道教育庁釧路教育局の経営訪問を終えて

今日は、昨年度まで本校で校長をされていた秦義務教育指導監が来校され、全学年の授業を参観していただきました。各学級を周っている時、子ども達から「校長先生~、校長先生~」と声を掛けられ、指導監も優しく微笑んでいらっしゃいました。また、授業者は少し緊張していましたが、昨年度より指導技術が向上した姿を見ていただけたのではないでしょうか。授業参観後、校長室において多岐にわたるご指導ご助言をいただきました。今後の学校経営に生かしていこうと考えております。                                                                                                  本日はお忙しい中、ご来校いただき、誠にありがとうございました。

参観していただいた授業の様子を紹介します。

      

 

令和元年6月25日(火)運動会での成長を、学校生活で発揮する!

運動会明け、どこの学校でも行うことですが、4年生以上の児童がそれぞれの持ち場を決めて後片付けに取り組みます。本校でも1時間目の授業で用具の片付けや長机・椅子の汚れ落とし、トイレの掃除など責任をもって取り組んでいました。子ども達は、最後まで丁寧に仕事をして、役割を果たしていました。高学年の皆さん、ありがとうございました。

  

 

  

また、運動会明けで疲れも出ているところですが、どの学年も集中して授業に取り組んでいました。運動会の頑張りを振り返ったり、教科の学習に真剣に取り組んだりする姿が、各学級で見られました。気持ちを切り替え、熱心に勉強する姿に、厚岸小学校児童の成長を感じました。

  

 

  

 

令和元年6月23日(日)令和初の運動会は、白組の勝利でした!

昨日から天気が不安定で開催できるか心配されていた運動会も何とか天気がもって肌寒い中ではありましたが、厚岸小学校大運動会が開催できたことを嬉しく思っています。

今年度、厚岸小学校の運動会練習を初めて見ましたが、朝の時間や休み時間まで利用して、6年生を中心にたくさん練習している姿に感動しました。本日は、その練習の成果を大いに発揮し、119名の児童が最後まで諦めないで全力で競技しました。

さて、昨年の運動会は、最後まで熱戦を繰り広げ、赤組が315点、白組が302点でわずか13点差で赤組が優勝しました。今年は、午前の種目が終わった段階で紅組が509点、白組が513点の4点差でしたが、高学年選抜男女混合リレーで1,3位をとった白組が、2,4位となった紅組との差を広げ、白組が逃げ切り、優勝しました。

このような中、子ども達は、「全体がかっこよく見えるように全力で踊る。」「はじめてのリレーの選手なので諦めないで走る。」「他の人に勝つだけでなく、去年の記録を超す。」など、一人一人が目標をもって運動会に取り組み、その一人一人の思いや願いが全体に広がっていたので、今年のスローガン「熱い戦い!ガチで力をふりしぼれ」が達成できました。本当に素晴らしい運動会でした。

終わりになりましたが、閉会式終了後、最後まで会場の片付けにご協力いただきました保護者の皆様、ご家族の皆様、地域の皆様、ありがとうございました。また、早朝よりご来場いただきました厚岸町長、厚岸町教育委員会教育長をはじめ、たくさんのご来賓の皆様、ありがとうございました。本日の子ども達の頑張りや成長を明日からの教育活動に生かしてまいります。

なお、天候の悪化と児童の体力低下を懸念し、予定していた保護者綱引きを中止させていただきました。事前に選手を募り、学級代表さんが中心となって準備していただいた種目でしたが、急な変更にご理解ご協力いただき、誠にありがとうございました。

それでは、最後に全てのシーンを掲載することはできませんが、普段、あまり見ることのできない角度から撮った本日の運動会のショットを紹介します。

 

 

令和元年6月19日(水)快晴のもと、運動会☆総練習を終える!

本日は、初夏のような天候に恵まれ、23日(日)に開催する厚岸小学校大運動会に向けての総練習を行いました。子ども達は、8時25分頃からグラウンドに出て、それぞれの係の活動や児童席の準備に取り組みました。8時38分いよいよ総練習の始まりです。

入場行進では児童会役員が大会旗を持って入場し、児童係が各学年の先頭になって入場します。その後、児童会役員の司会で開会式が始まりました。

  

開会式後は、スポーツ委員会がお手本となって全校で行うラジオ体操です。お手本の児童も児童会の役員も指先まで伸びていて素晴らしいラジオ体操でした。

 

続いて、徒競争に関する審判係の動きを確認するために、1年生と3年生と6年生の一部の児童が走りました。練習といっても児童は、いつでも「ガチ」です。また、用具係の動きと道具の配置を確認するために運命走も行いました。

    

個人走以外では、伝統種目「トンネルゲーム」と、当日は見ることができないので児童発表を兼ねて、低学年遊戯と高学年表現を行いました。トンネルゲームは、ずっと負けていた紅組が勝利しました。また、遊戯は元気いっぱい!表現は力強くてカッコよかったです。

     

今日の総練習で気付いたことを改善し、23日(日)本番では、もっと素晴らしいパフォーマンスができるように後2日しっかり練習してまいります。

最後になりましたが、保護者の皆様には、お手数をお掛けしますが、前日の22日(土)13時30分から行う運動会の準備は、よろしくお願いします。

 

令和元年6月18日(火)

チームワークで勝利を目指せ!トンネルゲーム

本校の伝統種目である「トンネルゲーム」の練習が佳境に入ってきました。本日も始業前の時間を利用して全体練習を行いました。子ども達は、どうすれば速くトンネルが作れるか、そのトンネルをどうすれば速くくぐり抜けることができるかなど、短い時間の中で考えていました。いよいよ明日は総練習です。23日(日)の天気も心配ですが、119名の子ども達はもてる力を発揮して、全力で戦うための準備をしています。当日は、たくさんのご来校者をお待ちしております。

  

 

  

 

多様な他者との協働の場~運動会の係活動~

本校では、4年生以上の子ども達が4つの係に分かれて所属し、運動会の進行を支えています。本日の放課後、係児童の打合わせがありました。

・児童係は、誘導する種目を決めた後、実際にグラウンドに移動して行進の練習をしていました。

・放送係は、種目紹介や放送機器の点検を行いました。

・審判係は、競技後、ゴールした子どもを着順別に並べる練習をしました。

・用具係は、担当を決めて、運搬の流れを確かめていました。

運動会での学習は種目で勝負するだけでなく、このような係活動も大切です。

 

令和元年6月14日(金)

全体練習2日目~動きを揃える意識が高まってきました~

今日の3時間目に2回目の全体練習がありました。前回の練習の反省を踏まえて、一部の動きを変更しましたが、子ども達は指示をしっかり聞いて、次の行動を考えながら取り組んでいました。とりわけ、素晴らしかったことは、選手宣誓や優勝旗等の返還、応援団の移動です。子ども達は、方向転換や走り出しを揃えながら、きびきびと行動していました。見ていて、とても気持ち良かったです。また、応援合戦では団長の掛け声に合わせて、しっかり大きな声を出していました。リーダーの動きや掛け声に合わせて、全員が揃って動く姿は、とても迫力があります。是非、運動会、当日の応援合戦を楽しみにしていてください。

  

 

 

 

子どもの願いを叶える!

先日の朝、「校長先生、マリーゴールドが誰かに切られています。せっかく、スマイル委員会が植えたのにかわいそうです。なんとかなりませんか?」と子ども達に相談されました。切り口をよく見てみると、カラスの仕業だということがすぐわかりました。そこで、公務補さんにカラス対策をお願いしたところ、魚網で花壇を囲ってくれました。

私は、困っている子ども達のことを考え、スピード感をもって対応してくれた公務補さんの仕事に感激しました。教育に関わる私達は、子どもの願いや夢を叶えるために努力を惜しまず、スピード感をもって対応し、最善を尽くす必要があることを改めて教えていただきました。

 

令和元年6月13日(木)厚岸小学校の伝統種目「紅白トンネルゲーム」

6月23日(日)に開催される運動会に向けて、全校練習が始まりました。本日は、本校の伝統競技でもある「紅白トンネルゲーム」の1回目の練習を行いました。子ども達は、ペアの子どもと手をつないで走り、ポイントに到着したら次々とトンネルを作り、次の学年の子どもを通して行きます。そして、最後には低学年が元気に手をつないでトンネルをくぐり、ゴール目指して走っていきます。スピードだけでなく、チームワークも大切な種目です。ご来場される皆様、本番の熱い戦いをお見逃しなく!

 

令和元年6月11日(火)運動会特別時間割が始まりました!

運動会には、たくさんの見せ場があります。1つは、ガチの熱い戦いです。そして、もう1つは動きを揃えるです。本日、全校種目「ラジオ体操」の全校練習がありました。ラジオ体操は、熱い戦いではありませんが、動きを揃える種目です。スポーツ委員会のお手本は、今までしっかり練習してきた成果が発揮されていました。また、全校児童も先生の説明をしっかり聞いて、動きを揃えるように意識していました。

  

最後になりましたが、保護者の皆様にお願いがあります。今年の運動会は、6月23日(日)に開催します。子ども達は、毎日の練習や委員会の取組でかなり疲れて帰宅します。いつもより30分でいいので、早く寝るよう声掛けをお願いします。

特別時間割の期間であっても子ども達は、落ち着いて授業に取り組んでいます。今日は、ぶらり訪問で6年生の国語と4年生の算数の授業を見せていただきました。どちらの学級も集中して課題に取り組んでいました。練習で疲れていても切り替えて授業に取り組む姿を見て、さすが高学年と感心しました。

続いて、1年生の図工の授業を参観しました。子ども達は自分の世界観をもちながら画用紙をちぎり、できた形から想像して色を塗ったり、絵を描いたりしていました。完成した作品を使ってお友達に話し掛けながら考えを深めたり広げたりしている姿に感動しました。

 

令和元年6月6日(木)

当たり前のことですが、子どもが主体的に学習するためには、授業において「この時間は、どんな勉強をするのか」「どんな活動を行うのか」「何ができるようになればいいのか」など、子ども達に目的を説明し、見通しをもたせることが大切です。また、理解を深めるために伝え合う活動も大切いしています。

学習に見通しをもたせる工夫

本校では見通しをもたせる工夫の1つとして、全学年、全ての授業で「課題」(めあて)を黒板に書いて、子どもに説明しています。今日の学級訪問で毛筆の授業を見ましたが、毛筆でも「課題」を提示しています。

 

理解を深める工夫

本校では理解したことを伝え合うことで、学習内容をさらに詳しく理解できたり、友達の工夫について知ることができたりするなど、学びが豊かになる時間を設けています。ここでは1年生の算数の授業の様子を紹介します。

 

運動会の目玉のひとつ

よさこいソーランは、4年生以上の表現運動です。70名の子ども達が動きを合わせて踊る姿は、迫力満点です。高学年のエネルギーを感じる演技を是非、楽しみにされながらご来場いただければ幸いです。6月23日(日)お待ちしております。

  

 

令和元年6月5日(水)運動会に向けて動き出す!

昨日の全校朝会で今年の運動会のスローガンが発表されました。今年のスローガンは「熱い戦い!!~がちで力をふりしぼれ~」です。子ども達は練習から本気モードです。しかし、運動会は勝負だけではありません。お互いの取組を認めたり、諦めそうになった時に声を掛け合ったりすることも大切です。23日の本番に向けて頑張りましょう。

また、スマイル委員会から6月の生活目標が示されました。6月の目標は「けじめをつけて行動しよう」です。運動会の練習や取組に夢中になり、勉強がおろそかになってはいけません。やるときはやる、メリハリのある生活を送りましょう。

最後に、運動会に来られる方々に気持ち良く運動会を見ていただこうと考え、全校児童で外清掃を行いました。ごみを拾っていてびっくりするものを見つけました。学校の敷地内は、禁煙のはずですが、子ども達が校舎の隅に固められて捨てられている煙草の吸殻を見つけました。心無い、一部の大人の行為が子どもの公共心を壊してしまいます。今後、このような行為はやめてください。よろしくお願いします。

   

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////5月の活動

令和元年5月31日(金)肌寒い天気でしたが、楽しかった遠足!

しっかり歩いて汗をかくにはちょうどいい天気でしたが、午後からは少し肌寒くなり、子ども達が汗で冷やされないか心配でした。低学年は子野日公園、中学年はネイパル厚岸、高学年は宮園公園までしっかり歩き、現地で活動を楽しみました。子ども達の最高の笑顔を紹介します。また、中学年の遠足に同行し、素晴らしい場面に出会いましたので、合わせて紹介します。その場面とは、トイレに入った子ども達の靴が玄関に並んでいたことです。声掛けもしていませんし、指導もしていません。子どもが自分で考えて、行動した結果です。さらに、4年生のしゅうご君は、あわてて脱いだ友達の靴を並べていました。立派な行動です。このように学校や家庭で学んだことを、社会の中で活用できるって本当に素晴らしいことです。厚岸小学校、最高です!

     

 

令和元年5月29日(水)

授業改善のためにご指導いただきました!

釧路教育局の指導主事及び厚岸町教育委員会の室長にご来校いただき、学校教育に関する助言をいただきました。私たちは日々、子ども達のためによりよい学校を目指して、授業改善に努めています。お二人からいただいた視点をもとに、一層の改善を図っていきます。

          

 

ランランウィーク、次々に目標達成しています!

本日も自分で立てた目標を達成し、2枚目のカードに入った2年生と5年生の子ども達が考聴室に来てくれたので紹介します。厚岸では珍しく暑い日が続きましたが、子ども達は自分のペースで休み時間を利用して走っています。是非、ご家庭でも子ども達へ声掛け願います。

 

 

月4日は、何の日でしょう?

本校の保健室前の掲示板には、子ども達の生活をより良くしたい!少しでも健康や体の成長に関心をもってほしい!と養護の先生が掲示物を工夫しています。来週から早いもので6月に入ります。6月4日は、「虫歯の日」ということで保健室前の掲示板には、歯に関する資料を飾っています。是非、保護者の皆様もご来校された時は、保健室の前の掲示板を見ていただければ幸いです。

      

 

令和元年5月27日(月)子どもの命を守る緊急時集合訓練

本日、保護者の皆様のご協力を得て、暴風雪や地震などにおける保護者への引き渡し訓練を行いました。保護者の皆様には、ご多用の中、訓練にご協力いただき、誠にありがとうございました。14時15分から開始した引き渡しも25分後には完了することができました。119名の命を守るために、今後も訓練の在り方について反省し、改善を重ねていきます。

  

 

令和元年5月25日(土)PTA環境整備作業~みんなで塗ろう~

初夏を感じさせる日差しの中、本日、37名の児童・保護者・職員が集まり、二班に分かれて駐車場のライン及び遊具のペンキ塗りを行いました。たくさんの子ども達も参加し、みんなと力を合わせて最後まで作業しました。保護者の皆様におかれましては、お休みの日にご来校いただき、ありがとうございました。

     

 

令和元年5月24日(金)よりよい学校生活をつくるために~児童委員会の取組   

本校では、4年生以上の児童が5つの委員会に分かれて活動しています。本日は、第3回目の委員会がありました。放送委員会は放送内容の見直し、図書委員会は貸出の検討、スマイル委員会は玄関前とグラウンド横の花壇の花植え、スポーツ委員会は運動会で模範を見せるラジオ体操の練習に取り組みました。みんなの力で、さらに素晴らしい厚岸小学校にしていきましょう。

    

令和元年5月23日(木)本日も快晴のもと、ランランウィークに取り組みました。

本校児童の持久力の向上には2つの目的があります。1つは、体力の向上です。そして、もう1つが災害時の津波から逃げ切ることです。本校児童の避難場所は桜通り高台です。あそこまで坂を駆け上らなければなりません。全員が自分の命を守るために走っています。                                            

さて、今日は高学年児童で初の1枚目をクリアーした児童が誕生しました。おめでとうございます。

そして、第2学年では続々と30周を達成した児童が増えています。                        

さらに、3枚目に突入した児童もいました。さぁ、みんなで自分の目標に向かって走り継げましょう。

 

令和元年5月22日(水)

30周達成した児童がさらに増えました!

本日も2年生の女の子が校長室に来て「校長先生、ランランデイの取組で30周達成したので、新しいプリントをください。」と自分の考えを言えました。走り抜いたことも素晴らしいですが、一人で来て、堂々と話す態度が立派でした。次の目標目指して頑張ってください。                                        

 

提案授業を基に、「目的意識をもたせる工夫」を考えました!

本日は、4年生の学級で国語の授業が公開されました。この授業では、どうすれば児童に目的意識をもたせることができるか検証するために、様々な手立てを考え、授業しました。放課後、先生達が集まって手立ての効果等について話し合い、「自分だったら、どんな授業でどうするか」を考えました。                             

  

 

令和元年5月21日(火)

第2学年、つぎつぎ達成しています!

本校で今年度から取り組んでいるランランデイでしたが、前回紹介した5名の2年生に引き続き、昨日も5名の2年生が30周を達成しました。おめでとうございます。どんどん走って体力をつけていきましょう。

運動会に向けて縦割り班活動が始まりました!

本校の運動会では縦割り班を使った取組もあります。そこで、本日の全校朝会では初めての「顔合わせ」、お互いをもっと知ろう「自己紹介」、何して遊ぶ「活動計画」に取り組みした。各班では、6年生を中心に仲良くスムーズに活動していました。6年生のリーダーシップが発揮された場面でした。

  

 

湖南地区学校運営協議会を開催しました!

今年度の第1回目のコミュニティスクールの推進に向けた会議を厚岸中学校で開催しました。荒天にも関わらず、8名の委員が出席し、厚岸小・中学校の連携や働き方改革について説明・協議を行いました。各委員の方々からいただいた意見等を参考にしてこれからも湖南地区の教育機関の一層の連携を図っていきます。                      

 

令和元年5月17日(金)

厚岸小のいいところ

以前、2年生以上の子ども達に「厚岸小学校のいいところを教えてくれませんか?」とお願いしたところ、たくさんの回答をいただきました。子ども達から教えてもらった意見を左のようにまとめてみました。

100以上の意見を仲間分けしてみると、元気・気づかい・優しい・協力・努力・楽しい・助け合える・仲がいい・歌声・挨拶・笑顔・集中力・チャレンジ・そうじ・規則正しい生活など、計15個の項目に分けることができました。

子ども達は、厚岸小学校に誇りをもっています。これからも新たな「いいところ」を見つけていけるよう、指導・支援していきます。

 

ランランデイ・ランランウィークの取組

 本校では、体力づくりの一環として休み時間を利用したマラソンに取り組んでいます。昨年度の学校評価で『一層の体力の向上に努める必要がある』という意見が多かったので、昨年度まで取り組んでいた「ランランウィーク」に加え、今年度から「ランランデイ」も始めました。「ランランデイ」は、各学級で決めた距離を走ることを目的に、全校児童が同じ日に取り組んでいます。

さて、今日は、早速、1枚目をクリア―した2年生の子ども達5名が考聴室に2枚目の用紙を取りに来ました。休み時間など時間を調整しながら自分の立てた目標に向かって粘り強く取り組む姿は、立派です。これからも頑張ってください。

 

クラブ活動が始まりました!

今年度も4年生以上が楽しみにしていたクラブ活動が、本日から始まりました。各クラブでは1年間の活動計画を立て、趣味や興味に応じた内容に取り組んでいきます。第1回目の今日は、早速、ドッヂボールや卓球、空き缶ロケットなどに取り組むクラブもありました。

とりわけ、茶道クラブでは釧路市から外部講師を招き、実際に立てていただいた抹茶を飲ませていただきました。

 

 

令和元年5月16日(木)

子ども達の命を守るために

 昨日のことですが、春の交通安全運動に伴い、厚岸町内で子ども達が安心して安全に暮らせるよう活動している4つの団体の方々が来校され、下校していく低学年児童に声を掛けていただきました。子ども達が登下校で歩いている道路は、交通量も多いところもあります。運転手の安全運転だけでなく、自分自身でも安全確認しながら歩きましょう。

ご来校いただいた団体は、厚岸地区パトロール隊・厚岸地区防犯協会・厚岸警察署少年補導員連絡協議会・厚岸町民生委員児童委員連絡協議会・厚岸警察署地域安全活動推進委員の方々です。ありがとうございました。

 

 

子ども達の確かな学力の定着のために

本校では、各教科等の授業で心掛けていることがあります。それは、「目的意識をもたせる」ことです。子ども達にとって苦手なことや難しい勉強でも「何のため」に勉強するのか説明し、理解させた上で授業を行っています。そのために必要なことは「この時間の勉強は、何のためにやり、何ができればいいんだよ。」をはっきりさせます。それぞれの授業の工夫を紹介します。

教科書を拡大して黒板に写し、説明することで、子どもは集中して話を聞くことができます。

子どもが自己決定する場を設けることで、学ぶ意欲が高まります。

ALTのネイティブな発音を聞くことで、英語に慣れ親しむことができます。

  

また、本校では「厚小の当たり前に」に取り組んでいます。次の写真は、その取組の一部ですが、紹介します。

机上の整理については、授業に必要なものだけを机の上に出して、気持ちが散漫にならないようにしています。

授業の最後には、確かめの時間を設けて、習ったことを振り返っています。

 

 

令和元年5月14日(火)

より良い学校生活を目指して ~全校朝会における三役と各委員長からの発表~

本日の全校朝会で各委員会から活動のめあてや計画の発表がありました。児童会役員会は、今年度の児童会のめあて「思いやりとあいさつがステキな学校を目指して活動しよう」を紹介し、重点的に取り組む3つのテーマ「あいさつ運動の見直し」「給食交流会の工夫」「ゲーム・スマホについての呼び掛け」について説明しました。児童会三役も各委員会の代表者も全校児童に伝えたい内容をまとめ、聞き手を見ながら「ノー原稿」で話していました。

  

発表する取組も立派でしたが、話を聞いている児童も立派でした。朝会の最後に、校長から『このように学校生活では、友達の発表を話したり、聞いたりする場面がたくさんありますが、大切なことは「話し手は、どんな気持ちで話しているのか、どんなことを考えているのかなど、想像しながら聞き手が聞くことです。」』と説明しました。

歯科検診 ~目的意識をもたせる事前指導~

どこの学校でも4,5月は健康診断や検診がたくさんあります。本校では、養護教諭の一工夫で、検診の目的や気を付けることなどを事前にテレビ画面を使って、説明しています。学校で行われている全ての教育活動には意義があり、目的があります。そのことを意識させる大切な手立てです。

 

 

令和元年5月10日(金)地震による津波発生時の避難訓練~みんなで逃げよう~

今日、荒天のため延期していた避難訓練を行いました。言うまでもありませんが、本校は海に面した港町に校区を構えているので、常に津波に備えた防災教育を実施しなければなりません。本日の避難訓練では、地震が治まった後、児童は外靴に履き替え、町指定の避難所(桜通り頂上横高台)に移動しました。

  

避難場所に移動した子ども達は学年ごとに整列し、学級担任は人数を確認した後、校長に報告します。本日は1回目の訓練でしたが、移動時間が7分27秒も掛かってしまいました。町の津波ハザードマップにによると、第1波が28分に到達する想定ですが、水位変動が生じるまでの時間が11分なので安心して避難するためには5分以内で避難する必要があります。今後は、子ども達の体力向上だけでなく、速やかに移動・避難できるよう町総務課総務防災係の担当者と連携を図り、避難所の整備等を考えていきたいと思います。

                  【学校グラウンド付近】                     【桜通り頂上横高台】                   【高台の頂上から見た厚岸湖】

 

令和元年5月8日(水)目的意識をもって主体的に学ぶ子どもの育成を目指して

多くの学校では、児童生徒の実態を踏まえた授業改善や教師の指導力の向上のために、授業を見せ合ったり、テーマを決めて話し合ったりしながら「研修」に取り組んでいます。

本日、本校では今年度第1回目の研修を行いました。今日のテーマは、「研修部長の説明を聞いて、一年間の研究の見通しをもとう」です。一通りの説明を聞いた後、「自信をもって主体的に学ぶ子どもの具体像」についてグル―プに分かれて協議しました。

   

各グループで協議した子ども像をシートにまとめ、共通理解を図りました。低学年、中学年、卒業時に目指したい姿を考え、そのためにはどんな手立てや段階が必要か検討しました。

  

最後に、本日の研修を振り返って、今年度の研修を通して「子どものどんな力を伸ばしていくか」「その中で、学年ごとにどんな子どもの姿を目指していくか」「そのために、今月、まずは何に取り組むか」の3点について各自で整理しました。教員は、日々、子どもに確かな学力を定着させるために研鑚と修養に取り組んでいます。本日の研修が、明日の授業を変えていきます。

  

                      

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////4月の活動

平成31年4月26日(金)子ども達の学力・心力・体力を育むために~厚岸小学校ガイドの配付~

2019厚岸小学校ガイド

今年度は、保護者向けにお知らせしていた「持ち物のきまり」や「家庭学習の目安」、「自転車の乗り方」などの学校生活や家庭生活に関するきまりをまとめた「厚岸小学校ガイド」を作成しました。本日、家庭数で配付しましたので、是非、茶の間など目に付く場所に貼っていただき、家族全員できまりが守れるよう声掛けなど、よろしくお願いいたします。                                      ※上の「2019厚岸小学校ガイド」をクリックすればPDFデータが閲覧できます。

 

平成31年4月23日(火)

掲示物の効果的な活用

ふるさと厚岸にもようやく春の便りが届き、そこここの空き地には土筆が顔を出し、水仙が一斉に咲き始めました。   さて、本日は教室や廊下の掲示板に貼っている掲示物について紹介します。当たり前のことですが、学校内に貼っている掲示物は、何らかの教育効果を意図して掲示しています。ですから、教員は時期や場所、内容を工夫しながら掲示しています。

保健室前の掲示板

4月は、いろいろな検診を行います。その検診について児童にもわかりやすく、掲示方法を工夫して見せています。自分の体に関心をもち、よりよい生活を過ごそうとする意識をもたせることがねらいです。

 

学習の成果を見せる掲示板

作品作りは、図工だけではありません。他の教科でも子どもたちが考えたり、調べたりしたことをまとめた資料は、立派な作品です。本校では、学びの足跡としてたくさんの教科で作った成果物を掲示しています。

  

子どもに意識させる掲示板

教師は、たくさんの願いをもって子どもに接し、指導しています。とりわけ、4月は学級のめあてなど、子どもに考えさせたり、モデルを示したりする時期です。本校でも工夫を凝らした掲示物がありましたので紹介します。

  

平成31年4月20日(土)ご来校、ありがとうございました。

本日は、お忙しい中、たくさんの保護者の方々にご来校いただき、誠にありがとうございました。新年度、入学、進級したお子様たちの様子を見ていただくために2時間目の授業を公開しました。                     1,2年生は算数の授業でした。真新しい教科書を開き、先生の説明をしっかり聞きながら学習している姿が立派でした。3年生は体育の授業でした。マット運動に取り組み、苦手なお子さんも勇気を出して運動していました。4年生は学級会(学級活動)でした。話合いの目的やポイントを確認しながら積極的に発言していました。5年生は理科でした。札幌市と厚岸町の天気の違いから雲の動きを予測する授業でした。根拠を示しながら説明する子どもの姿が素晴らしかったです。6年生は外国語活動でした。ALTの発音に耳を傾け、マネをしながら友達とのコミュニケーションを楽しんでいました。

授業参観の後、PTA総会を行いました。総会では昨年度の活動報告を行い、今年度の活動計画を審議しました。司会を務めていただいた、役員の方、ありがとうございました。

そして、今年度は全体懇談を設けさせていただき、新学習指導要領について説明させていただきました。詳しくは、懇談会資料に掲載しておりますので、下の資料のアイコンをクリックして、一読願います。

平成31年4月20日第1回参観日(全体懇談資料)

それでは、1年間、よろしくお願いいたします。

 

平成31年4月19日(金)厚岸町のいいところ!

厚岸町の教育行政執行方針でも説明されていますが、今年度から教育環境の充実を目指し、社会全体で子育てを支援する新たな施策として学校給食の無償化が始まりました。この施策によって、保護者の経済的負担は軽減され、安心して子育てができる環境が整備されます。

さて、本日は、厚岸町の学校給食を紹介します。本町では、給食の献立表にひと手間を加えています。毎月、配付される献立表の食材は、「赤の仲間」(血や肉になる)「黄の仲間」(熱や力の元になる)「緑の仲間」(体の調子を整える)に分けて記載されており、一目で栄養素がわかるようになっています。※下の「4月献立表」をクリックしてください。   また、ふるさと教育の推進の一環として太田農協のご厚意で「あっけし極みるく」を、森高牧場のご厚意で「森高牛乳」を提供していただいています。その他、厚岸産の棹前昆布を使った料理など、厚岸の豊かな自然や特産物を味わい、ふるさと厚岸を大切に思う心を育みます。

4月献立表

  

 

平成31年4月17日(水)

児童や保護者、地域の人々を裏切らない!

本校では、今年度も児童や保護者、地域の方々の信用を失墜しないよう「交通安全宣言」を行いました。人事異動に伴い、厚岸町外から通勤している教職員が多いことや大型連休も控えていることを考慮して、再度、5つの安全宣言について確認しました。

教育に携わる私たちとしては、ハンドルを握った際、シートベルトを締めるだけではく、気持ちも引き締めて安全運転に心掛けます。

晴天のもと、外遊びに夢中!

公務補さんが丁寧に手入れをしてくれたおかげで、今年もきれいなグラウンドで体育の授業を行ったり、遊んだりできます。ありがとうございました。                                         本日も晴天に恵まれ、子ども達は休み時間にグラウンドで力一杯遊んでいました。その後、チャイムが鳴り、休み時間が終わると、子ども達は走って玄関に向かいました。

3時間目が始まった頃、児童玄関の靴箱を見てみると、きちんとかかとを揃えて靴がしまわれていました。さすが、厚岸小の子ども達!立派です。

  

 

平成31年4月15日(月)大切な命は、自分で守ろう!

すでに連絡しておりましたが、本日、予定しておりました3年生以上の交通安全教室は、悪天候のため19日(金)に延期しました。金曜日に向けて、各ご家庭には準備していただくことがありますが、よろしくお願いいたします。また、生徒指導部では、交通安全教室を行う前に玄関ホールを利用して交通安全クイズや当日の自転車コース図を掲示しています。児童一人一人が考えをもって学校行事に参加できるよう工夫しています。

 

さて、昨日の日曜日の話ですが、子夢希児童館のグラウンドで男子児童が遊んでいました。様子を見ていると、サッカーボールを追い掛けて道路に飛び出した男子児童がいました。幸い、車が通ってなく、遠くで児童を発見した車は、早めに止まってくれたので事故にはなりませんでした。その後、友達が「お前のために止まってくれたんだから、頭を下げて、お礼を言いな。」と飛び出した男の子に話し、その男の子は「すみませんでした。ありがとうございました。」を頭を下げていました。飛び出しは、やってはいけないことですが、その後の子ども達の対応は、とても立派でした。

学校でも指導しますが、各ご家庭でもお子様が外出する時は、一声掛けていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 

平成31年4月12日(金)読み聞かせ、大好き!

本校では、今年度も情報館「本の森」と読み聞かせサークル「ちいさな絵本箱」さんのご協力をいただき、子ども達に読み聞かせを行っていただきます。本日、第1回目の読み聞かせがありましたが、子ども達は身を乗り出して、絵本の世界に引き込まれていました。