西野家行嚢帳(こうのうちょう)

西野家行嚢帳は、一家で山形から厚岸へ屯田兵として入植した西野嘉太郎さんの弟である要三郎さんが、亡き兄を偲んで書き上げた回想録です。嘉太郎さんはどこに行くときも「行嚢」という旅行用の袋を持っていたので、この本の名前も「行嚢帳」としたそうです。

西野家行嚢帳は全長9メートルの和紙の両面に絵と文が記された絵日記のようなもので、一家で太田村に入植する様子や太田村での開墾の様子などが描かれ、当時の生活を知る上で重要な資料となっています。

ここの壁には行嚢帳の複写と、現代語訳を展示しています。

01西野家 02西野家03西野家

主な展示資料

館内マップに戻る
関連施設
情報
海事記念館
郷土館
館内マップ
情報
館内マップ
収蔵資料を調べる
厚岸町太田屯田開拓記念館の開館日
2019年7月
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
2019年8月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 休館日