厚岸のあけぼの

厚岸町内には数多くの遺跡が残されており、一番古いものだと縄文時代の土器も見つかっています。このコーナーには町内遺跡から発掘されたものを中心に展示しています。あけぼの1 あけぼの2

主な展示資料

下田ノ沢土器
厚岸町内の下田ノ沢遺跡で発掘された続縄文時代(紀元3世紀~7世紀)の土器です。この時代の土器には縄状の文様が描かれています。 また、低温で焼かれているので他の時代の土器より厚く、非常に壊れやすいのが特徴です。
北筒式土器
これは太田12号遺跡というところから発掘されたもので、縄文時代中期の土器とされています。
館内マップに戻る
館内マップ
情報
館内マップ
収蔵資料を調べる
厚岸町郷土館の開館日
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
2020年1月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
  • 休館日