厚岸の歴史2

西暦 こ   と   が   ら
1869 明治
2年
蝦夷地開発のため開拓使を置く。蝦夷を北海道と改め、11国86郡を定める。釧路国に厚岸郡ほか8郡が設置された
北海道の諸藩分領が実施され厚岸ほか佐賀藩支配(明治4年まで)
場所請人を廃止、榊富右衛門漁場持となる
1871 明治
4年
佐賀藩の住民が厚岸などに入植する
1872 明治
5年
厚岸郡は根室出張開拓使庁(根室支庁と改称される)の管轄となる。厚岸海関所を設置
1873 明治
6年
根室支庁厚岸出張所を設置(管轄区域、厚岸・釧路・白糠・足寄・川上・阿寒の6郡)
1875 明治
8年
海関所を船改所と改称(明治20年に廃止)
1876 明治
9年
根室支庁厚岸出張所を厚岸分署と改称
1877 明治
10年
浦役場を設置
1879 明治
12年
郡区町村編成法により根室支庁厚岸分署を廃して厚岸郡役所を設置、厚岸・釧路・白糠・阿寒・足寄・上川・網尻の7郡を管轄。同時に戸長役場を3カ所設けるが厚岸区域は直轄
1880 明治
13年
厚岸郡奔渡村に官営牡蠣缶詰所を設置(後に民営となる)
1881 明治
14年
厚岸郡の落石村、昆布森村を根室国花咲郡へ編入
1882 明治
15年
開拓使を廃し札幌、函館、根室の3県が置かれ厚岸郡は根室県の管轄となる
1886 明治
19年
根室県など3県の廃止で札幌に北海道庁が設置され、同時に根室支庁が置かれて厚岸郡などその管轄となる(12月に支庁廃止され北海道庁の直轄となる)
1890 明治
23年
厚岸郡に太田村を設置、戸長役場を置く。諸県の士族440戸が屯田兵として入地(第4大隊3、4中隊)
大黒島に厚岸灯台が設置される
1891 明治
24年
厚岸郡役所は釧路郡役所に併合して廃止となり、湾月町ほか3町7村戸長役場を設置
1900 明治
33年
1級町村制の施行により4町7村を合して厚岸町となり、戸長役場を廃して厚岸町役場を置く
1914 大正
3年
厚岸・根室間に旅客自動車不定期運転開始(道内バス事業の始まりといわれる)
1917 大正
6年
釧路・厚岸間の鉄道開通(大正10年に根室まで開通)
1921 大正
10年
厚岸湖牡蠣島の植物群落が国の天然記念物に指定される(1994年指定解除)
1923 大正
12年
厚岸郡太田村2級町村制施行

※年表事項の作成にあたっては『厚岸町史』を主な典拠とし、そのほかの文献・資料によって補いました。

館内マップ
情報
館内マップ
収蔵資料を調べる
厚岸町郷土館の開館日
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
2019年10月
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
  • 休館日