アッケシソウとは

アッケシソウ〔学名Salicornia europea L.→ラテン語:Sal(塩)+cornu(角笛)〕は、厚岸町の名前のついた唯一の植物で、別名サンゴソウとも呼ばれています。明治24年(1891)、厚岸湖の牡蠣島において初めて発見、採取され、札幌農学校(現北海道大学)宮部金吾教授によって、その採取地である厚岸の名を冠して「アッケシソウ」と名付けられました。北海道を代表する塩生植物の一つでもあり、特に北海道の東部に分布する一方、厚岸から遠く離れた瀬戸内海沿岸や東京都の埋立地、さらには岩手県や宮城県での発見例も報告されています。
この植物は、アカザ科の一年草で、厚岸湖岸のように潮の満ちひきにより定期的に冠水する塩湿地に生育します。5月頃から緑色の芽を出し始め、夏から秋口にかけて20㎝から30㎝ほどの高さに成長します。秋には茎全体が赤く色づき、まるで赤い絨毯を地面に敷いたかのようになります。
厚岸町のアッケシソウは、大正10年(1921)に「厚岸湖牡蠣島の植物群落」として国の天然記念物に指定されました。しかし、波浪や流氷、昭和27年(1952)の十勝沖地震や昭和35年(1960)のチリ沖地震などにより牡蠣島の地形が変化し、干潮時でも水没している状況になり、今後、回復も見込めないことから、平成6年に天然記念物の指定が解除されました。アッケシソウは平成27年(2015年)現在、絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています。
この私たちの町の名前がついた植物、アッケシソウを後世に残そうと厚岸町教育委員会文化財係が中心となり、平成4年(1992)に厚岸湖岸のチカラコタン地区に試験栽培地の造成を実施するなど、アッケシソウの保護増殖に取り組んできました。郷土館前では昭和57年(1982)より人工栽培を行い来館者を楽しませております。
平成17年(2005)に港町に造成した栽培地は当初良好に育成しておりましたが経年とともに他の植物が繁茂する中での試験栽培となりました。
平成26年(2014)からは海事記念館前庭にプランターを設置し、土質や肥料などの条件を変えての試験栽培を行っております。

保護育成活動

2017年8月15日-更新

今日は曇り空でした。少し肌寒いですが、アッケシソウは生長を続けています。

平成29年8月15日:海事記念館前

   

2017年7月13日-更新

真夏日が続いていますが、暑さに負けずアッケシソウもグングンと成長しています。

写真左:郷土館前    写真右:海事記念館前

 

2017年6月15日-更新

海事記念館では今年も記念館前と郷土館で試験栽培を実施しています。今年は浚渫土での生育の様子を定期的に更新していく予定です。

写真左:郷土館前    写真右:海事記念館前

  

2016年7月7日-更新

郷土館とコンキリエのアッケシソウの生育状況をお知らせします。いずれも、すくすくと成長してくれているようです! まだまだ伸びてね!

h28akkeshiso3   h28akkeshiso4

 

h28akkeshiso5   h28akkeshiso6

 

2016年6月7日-更新

海事記念館では今年も記念館前と郷土館で試験栽培を行っています。土壌を黒土と浚渫土しゅんせつどの2種類に分け、生育の様子を定期的に更新していきたいと思います。

 

h28akkeshiso1     h28akkeshiso2

 

・保護育成活動の記録
館内案内図
情報
1階
2階
収蔵資料を調べる
厚岸町海事記念館の開館日
2017年9月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
  • 休館日