【厚岸町指定】お供山チャシ跡群

指定年月日

昭和35年10月1日

所在地

厚岸町御供51ほか


 お供山チャシ跡群は、湖南地区にあるお供山にアイヌの人達が造った4つのチャシ跡を包含する遺跡で、近世アイヌ期(17~18世紀頃)のものです。チャシとは、アイヌ語で、砦・城・柵囲いなどを意味し、崖を利用した面崖式、側面に突き出した丘の先端を利用した丘先式、小高い丘を利用した丘頂式の3つの型式に分けられ、海か湖を見渡せる見晴らしの良い所に造られています。
 北側に位置する「鹿落しのチャシ跡」は、面崖式でコの字状の深い壕が掘られています。東側にある「逆水松チャシ跡」と「奔渡町裏山チャシ跡」は、丘先式で壕が楕円形に掘られており、西側の「松葉町裏山チャシ跡」は、お供え餅のような外観で山側に弧状の壕をめぐらせてあります。
 これらのチャシ跡群は、同じ時代に関連をもって機能していたと考えられていて、道内でも非常に珍しいものです。


主な交通機関

車の場合は、厚岸駅より約2km、お供山展望台の入口より徒歩15分

ミニ情報

「鹿落しのチャシ跡」は、お供山展望台のすぐ側にあります。

文化財一覧に戻る
館内案内図
情報
1階
2階
収蔵資料を調べる
厚岸町海事記念館の開館日
2017年11月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
2017年12月
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
  • 休館日