【厚岸町指定】国泰寺什器書画古文書

指定年月日

昭和35年10月1日

所在地

厚岸町湾月1丁目5(国泰寺内)


 「国泰寺什器書画古文書」は、臨済宗鎌倉五山派景運山国泰寺(現南禅寺派)に伝わる什物や掛け軸、経典などの総称です。
 同寺は、江戸時代檀家を持たず、幕府や松前藩からの運営費で寺院経営をしていたため、明治維新の際収入が途絶え、その維持が困難となり数多くの寺宝が散逸し、本堂・庫裡とも倒壊寸前というところまで荒廃しました。しかし、先人の努力により復興され、往時を偲ぶ貴重な資料が現在に受け継がれています。
 その主なものは、本尊「南無釈迦牟尼仏像」「開山文翁像」「護国殿彫刻額」などがあり、書画では、文化2年(1805)に描かれた「涅槃像」や同4年の「十三仏像」などの掛け軸があります。


主な交通機関

厚岸駅よりバスにて国泰寺前下車、徒歩1分
車の場合、厚岸駅より4km

ミニ情報

資料の一部は郷土館(0153-52-3794)で展示しています。

文化財一覧に戻る
館内案内図
情報
1階
2階
収蔵資料を調べる
厚岸町海事記念館の開館日
2017年9月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
  • 休館日