【厚岸町指定】太田屯田兵遺品

指定年月日

昭和35年10月1日

所在地

厚岸町太田5の通り23番地


 太田屯田兵遺品は、明治23年(1890)に山形県をはじめ8県下から太田に入植した屯田兵(最後の士族屯田)に政府から支給された軍服や家具、開拓に必要な道具及び郷里から持ち込んだ家宝や生活用具、古文書などが含まれています。
 屯田兵には、移住した時に支給される官給品のほかに、給料と食料が3年間支給されましたが、その後は、ソバ、ヒエ、大根、豆などを作って自給自足の生活を送らなければなりませんでした。
 しかし、悪条件下の土地や気候の中で離村者が相次ぎ、さらに明治37・38年の日露戦争で多くの死傷者を出し、当初2,159人いた人口も明治末期には1,000人足らずになりました。
 移住の際の荷物には、家宝の刀や鎧など高価なものがありましたが、苦しい生活のために売り払う人も多かったので、当時の生活を知る貴重な資料として保存されています。


主な交通機関

車の場合、厚岸駅より約7km(太田屯田開拓記念館)

ミニ情報

資料は太田屯田開拓記念館(0153-52-3599)に展示しています。

文化財一覧に戻る
館内案内図
情報
1階
2階
収蔵資料を調べる
厚岸町海事記念館の開館日
2017年9月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
  • 休館日