【北海道指定】太田屯田兵屋

指定年月日

昭和49年2月28日

所在地

厚岸町太田2の通り


 太田屯田兵屋は、明治23年(1890)に北太平洋の警備と開拓を行うため、本州から太田に入植してきた屯田兵440戸が暮らす住宅として、明治22年1月から翌年5月にかけて標茶集治監の囚人たちによって建てられました。
 屯田兵に支給された兵屋は、17.5坪(約58㎡)の木造平屋建で、土間及び6畳と4畳半の2部屋、居間、台所、押入、便所からなっています。居間には炉が設けられ、屋根に煙出し(排気口)がついています。この兵屋の特徴は、向かい合う建物の構造が、道路を挟んで対称になる「裏返し型」といわれる建て方で、一方の兵屋の入口が道路から遠くなる不都合を解消することが考えられており、道内でも数ヶ所しか例がありません。
 この兵屋は兵屋番号119番で、明治37年(1904)の屯田兵制度廃止後も住宅として使用されていましたが、昭和46年に復元し、同年町に寄贈されたもので、当時と同じ場所に残っていることや屯田兵の生活を知る上で貴重な建造物となっています。


主な交通機関

車の場合、厚岸駅より約9km

ミニ情報

無料で一般に公開されています。

文化財一覧に戻る
館内案内図
情報
1階
2階
収蔵資料を調べる
厚岸町海事記念館の開館日
2018年1月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
2018年2月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728123
  • 休館日