姉妹都市 クラレンス

クラレンス市と姉妹都市提携を結ぶきっかけとなったイーモント号の残骸や遺物、クラレンス市との交流の様子を展示しています。

遙か遠い南の島と日本の北の港町との交流は、これからも続いていくことでしょう。

主な展示資料

イーモント号の遺物

嘉永3年(1850年)5月22日、オーストラリアのタスマニア島から出港したイーモント号はこの日に厚岸の末広沖にて座礁しました。乗組員は救助されましたが、松前藩(現在の函館市)の命令で異国の船であるイーモント号は焼却処分されました。
 その時に燃え残ったまま海に沈んだ船の一部が、昭和60年に引き上げられ写真のように展示されています。

クラレンス市からの贈呈品

左奥から
羊刈りのブロンズ像
置き時計
厚岸町クラレンス市姉妹都市交流21周年記念品

左手前から
木製の船の模型
押し花のコースター
民芸品「森のバラ」(木を薄く切り、花の形にしたもの)

館内案内ページに戻る
館内案内図
情報
1階
2階
収蔵資料を調べる
厚岸町海事記念館の開館日
2019年8月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
  • 休館日