捕鯨

厚岸町では昭和7年から45年にかけてクジラの漁を行っていました。ここでは当時のクジラ漁の様子や、それに使われた道具、クジラを利用した商品の数々を展示しています。

主な展示資料

クジラ(マッコウクジラ)の歯 (13㎝)
歯が生えているクジラは「ハクジラ類」に分類されます。その中でも一番大きな歯の持ち主が、マッコウクジラなのです。
クジラのヒゲ
逆に歯が生えていないクジラは「ヒゲクジラ類」に分類されます。シロナガスクジラやセミクジラがその仲間です。
鯨肉解体用包丁
クジラの体はとても大きいため、その肉を切る道具もかなり大きいです。写真の包丁の刃渡りは約47㎝(!)もあります。
軟こう
捕獲されたクジラは食肉用以外にも様々な使われ方があります。この軟こうも、クジラの脂から作られたものです。
館内案内ページに戻る
館内案内図
情報
1階
2階
収蔵資料を調べる
厚岸町海事記念館の開館日
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
2020年1月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
  • 休館日