渡船

現在、厚岸町の湖北地区と湖南地区は厚岸大橋で繋がっていますが、それが開通するまでは両岸の往来に船やフェリーを利用していました。
ここのコーナーでは、フェリーの模型や当時の様子などを展示しています。

主な展示資料

渡船 かもめ丸
昭和28年2月に就航し、湖北地区と湖南地区の往来を始めました。それまでは渡し船で行き来していたので、かなり多くの人を運べるようになりました。 が、人口や交通量が急激に増加し、より多くの人や自動車の輸送が求められるようになりました。
フェリーボート 厚岸丸
昭和33年に就航した厚岸丸ですが、物資の輸送量が数年で激増したことや、厚岸湖が凍結するとフェリーが欠航するといった問題が新たに浮上しました。 そこで、厚岸の湖北地区と湖南地区を橋で結ぶ厚岸大橋が作られ、フェリーボートは13年の歴史に幕を降ろしたのでした。
館内案内ページに戻る
館内案内図
情報
1階
2階
収蔵資料を調べる
厚岸町海事記念館の開館日
2019年8月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
  • 休館日